執筆:安江こずゑ(やすえ・こずえ)

Phonics SHIRITORI 


英語でしりとり!

フォニックスを学習したクラス向きのアクティビティ。小学校高学年でも、もありがります!

 
遊び方

フォニックスを学習したことのあるクラスでおこないましょう。先生は既習の単語をひとつ取り上げ、黒板に書き、全員で発音します。

catという単語を取り上げた場合、最後の文字のtを強調して発音しましょう。子どもたちは順番に、前に出てきた単語の最後の文字で始まる単語を考えます(例:cat→tiger→rabbit......のようにしりとりをしていきます)。

先生は子どもが単語を発話するたびに、黒板に書き出して確認しましょう。なかなか単語が出ない場合は、先生が"ra, ra..."などと、次の単語につながるヒントをあたえてもいいでしょう。制限時間を設けるか、または今日は10個までなどと数を決めておこないます。

 
 
応用
子どもたちがある程度なれてきたら、黒板に単語を書き出さずに、音だけで挑戦させて見ましょう。




1、2の3分 かんたんアクディビティ トップへ  


  • アルコムワールドで日記を書く

アルクの子ども英語先生募集中!


HAPPYクリスマス2017


資格取得応援キャンペーン


オンライン英会話

メルマガ登録