HOME > マガジンアルク > 受講生が語る Before and After > ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!

受講生が語る Before and After

語学学習に取り組み目標を達成した方に、これまでの学習法や今後の抱負などを伺います。


「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!」

福田紀幸さん

BEFORE
英語は苦手で避けてきた

AFTER
TOEICでスコア200点アップ! 将来への夢が広がった

福田紀幸さん 会社員 長野県


これからの時代は英語や中国語などの外国語を使える能力がなければ仕事の幅を広げることができないと感じ、会社の推奨通信教育一覧にあった「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!」で学習を始めることにしました。英語は苦手でこれまで避けてきましたが、同じく「英語は苦手だった」という受講者の体験談を読み、受講を決めました。この講座のおかげで、英語嫌いが克服できたと思います。

学習は主に車通勤の往復時間に行いました。iPodにCDの音声を入れて、40分間ずっと流し、聞いていました。毎日繰り返し聞くことにより、これまで聞き取れなかった単語が聞こえるようになったと思います。

受講後に受けたTOEICテストでは、200点アップという結果で驚きました。毎日英語に触れていたからか、受講前に感じていたテスト中の“ドキドキ感”がなくなり、落ち着いて解答できるようになったのが大きかったと思います。TOEICが全てではないとは思いますが、今後はスコアアップをしながら、英語力を高めていきたいので、TOEIC対策の講座を受講したいと考えています。

普段の生活に必要な英会話力やビジネスに必要なリスニング力・スピーキング力も身に付けて、将来的には、長期の海外赴任もしてみたいですね。“道具としての英語”を身に付けて仕事の幅を広げ、ビジネスで結果を残したいです。


教材編集部からのコメント
TOEICテストで200点アップ、素晴らしいですね。毎日の学習を着実に「力」に変えていかれた様子が伝わってきて、こちらまで勇気が湧いてきました。ますますのご活躍をお祈りいたします!

マガジンアルク』2014年9-10月号掲載

メルマガ登録