HOME > マガジンアルク > 受講生が語る Before and After > 奪取550点 TOEIC®テスト解答テクニック講座

受講生が語る Before and After

語学学習に取り組み目標を達成した方に、これまでの学習法や今後の抱負などを伺います。


「奪取550点 TOEIC®テスト解答テクニック講座」

和田信男さん

BEFORE
会社からTOEIC受験を求められた

AFTER
初受験で、講座の目標スコアに近い540点を獲得!

和田信男さん 会社員


会社からTOEICテストの受験を求められたため、受験対策として、自分の目標とする600点に近いレベルの「奪取550点 TOEIC®テスト解答テクニック講座」を受講することにしました。テキストは、月単位、週単位でカリキュラムが組まれていて、3カ月の受講期間中、学習進度を確認しながら進められたことが良かったです。

教材のリスニング問題は、音声をICレコーダーに入れて、通勤電車の中でできる限り聞いていました。リーディング問題は、仕事の隙間時間と休日に取り組みました

講座を修了後、人生で初めて受けたTOEICは540点(リスニング325点、リーディング215点) でした。600点以上を取ることが目標ですが、講座の目標スコアには近づけたので、勉強して良かったと実感しています。

しかし、TOEICは難しく、一筋縄ではいかない試験だということも痛感しています。リスニングはまだまだ何を言っているのかわからない箇所もありましたし、リーディングは量の多さと短い解答時間に圧倒され、その上細かい文字も老眼にはつらいものがありました。かなりいろいろなことを克服しないと目標をクリアできないと思っています。

今後はテキストを復習し、アルクの書籍も活用して次回の試験に向けて取り組みたいと思います。


教材編集部からのコメント
学習の成果を感じられると、さらに続けたい!という気持ちになりますよね。リーディングセクションは時間制限との戦いです。これを克服して、ぜひ、次の試験で600点をクリアしてください!

マガジンアルク』2015年7-8月号掲載

メルマガ登録