HOME > マガジンアルク > 受講生が語る Before and After > ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!

受講生が語る Before and After

語学学習に取り組み目標を達成した方に、これまでの学習法や今後の抱負などを伺います。


「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!」

作本友治さん

BEFORE
断片的にしか英語を聞き取れない

AFTER
リスニングで意味が取れることが増え、レベルアップへの意欲も湧いてきました!

作本友治さん トラックドライバー 山口県


これまでさまざまな教材で学習をしてきましたが、断片的にではなく、文やフレーズとして聞き取れないと、意味が取れないことにやっと気付きました。ある程度は会話できるものの、いきなり「ヒアリングマラソン中級コース」を受講する自信はなかったので、初級レベルの本講座から始めてみました

ポータブルオーディオに音声を入れて、昼食後の休憩時間に集中して学習しました。仕事は工場内のトラックの運転なので、仕事中にも、食後に覚えたフレーズを思い切り大きな声で発音できます。

課題テストを「テストコ」から提出できるのが、時間的な無駄がなく、とても使い勝手が良かったです。

受講前には、ネイティブスピーカーに英語のジョークや国名などを言われても発音がよくわからず、ごまかして話していた部分があったのですが、本講座で学習を続けるうちに、断片的に理解していたパーツが「こういう意味だったのか」とつながることが多くなりました。また、もっとレベルアップをしようと意欲が湧いてきて、今ではTOEICも受けてみようという気持ちになっています。

これからの目標は、いつか妻を連れてウィンブルドンへテニス観戦に行くこと。通訳に頼らず、現地の人たちに自らの気持ちや意見を直接伝えられるように学習を続けていきたいです。


教材編集部からのコメント
断片的だった聞き取りが文やフレーズで理解できるようになったとのこと、本講座の特色である3ラウンド・システムを最大限に活用しておられますね。すてきな目標達成を心より応援しています!

マガジンアルク』2016年9-10月号掲載

メルマガ登録