HOME > マガジンアルク > 受講生が語る Before and After > ビジネスEメール速習パック ライティングエイド

受講生が語る Before and After

語学学習に取り組み目標を達成した方に、これまでの学習法や今後の抱負などを伺います。


「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」

小泉雅資さん

BEFORE
先方のメールのオウム返しのような返事しか書けなかった……

AFTER
英文を頭からひねり出すのが以前よりはスムーズになりました

小泉雅資さん 会社員


今年初めて、英文メールを書く機会がありましたが、先方のメールのオウム返しのような返事しかできませんでした。今後は、もっと安心してやりとりができるようになりたいと思い、本講座を受講することにしました

平日・休日の自由な時間に自室の机で、ユニットごとのまとまった単位で順次、学習していきました。 講座のカリキュラムよりも速いペースで、1日に1ユニット、1週間に7~10ユニット程度のペースで進めました※。黙読・音読だけでは覚えられないと思い、1ユニットにつき、B5ノートの2ページ分に、手書きで2~3回ずつテキストの文章を書き写しました
※ カリキュラムでは、1ユニットを2日間で学習するように構成されています。

受講の最初と終盤とでは、英文を書くことに対する意識が少し変わった実感があり、英文を頭からひねり出すのが以前よりはスムーズになったと思います。

丁寧な作りの教材で、繰り返しの利用にも耐えられ、理解と定着両方の効果が望めると思います。講座で学んだ受け答え表現については、今後もテキストをお守り代わりに持っていれば安心、という気持ちになれました。また、英文メールの常識についてのトピックも豊富で、とても心強いです。次回英文メールを書く機会が少し楽しみになりました。

今後はもっと書く機会が増えるように、引き続き勉強に励みます。


教材編集部からのコメント
テキストを積極的に活用し、プラスアルファの学習も工夫されていますね! 覚えたことを実際のメールで繰り返し使ってみると、英文の引き出しがますます増えていくと思います。これからも頑張ってください!

マガジンアルク』2016年11-12月号掲載

メルマガ登録