HOME > セミナー > 【第1回】Activity House 11 -レッスンですぐに使える効果的アクティビティ11本をレクチャー+実践で-

【第1回】Activity House 11
-レッスンですぐに使える効果的アクティビティ11本をレクチャー+実践で-

有料 指定テキストあり 指導者向け セミナー録画有 アルク主催

アイコンの説明

開催日程

2018年9月30日(日)10:00~16:00

会 場

アルク市ヶ谷オフィス
東京都千代田区九段北4-2-6
JR中央・総武線(各駅停車)「市ヶ谷駅」 徒歩5分
東京メトロ 有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅」 A4出口すぐ横/A1出口徒歩3分

内 容
イメージ

子どもの英語学習において、「楽しむ」ことは大変重要です。指導者の皆さまは日々、子どもたちが楽しんで学べるためにレッスンの準備や改良を続けていらっしゃることと思います。子どもが英語を「楽しむ」ための大切なポイントは、レッスンに組み込む「アクティビティ」です。
今回は、子どもに英語を教えている方、教える予定の方を対象に、5時間で11本のアクティビティを体験できる、先着24名限定のワークショップを開催します!

当セミナーではアクティビティの
●準備と道具について
●学習ポイントとメリット
●Teacher Talkを含めたライブデモンストレーション
●実践的なアクティビティ体験
●バリエーションについてのQ&A
…などを提供します。

こんな方にお勧めです:
●新しいアクティビティを学びたい
●レッスンで使える学習効果の高いアクティビティや英語ゲームを増やしたい
●英語キャンプなどでも応用できるアクティビティを知りたい
●生徒に「今日は楽しかった!」ともっと思ってほしい!

Benからのメッセージ:
子どもに英語を教えることで一番大切なのは、レッスンで同じ練習を長く続けないこと。子どもの集中力は大人より短いため、練習活動でも、ゲームでも、アクティビティでも、飽きさせないように約12分を目安にして切り替えることがポイントです。
このセミナーで紹介する簡単なアクティビティは、全て短時間のミニアクティビティ。クラスが少し落ち着かない時や、「ここは重点的に学んでほしい」と思う時など、レッスンで効果的に使えるアクティビティをたくさん紹介します。また、各アクティビティの学習ポイントと生徒にとってのメリットなどの解説も行います。皆さまのご参加をお待ちしています!


参加対象・資格

・小中学校や英語教室で子どもに英語を教えている先生(またはその予定がある方)
・指導がマンネリ化してしまうなど、お悩みの先生
など、児童英語教育にご関心のある方すべて

講 師

ベン・トーマス

Bence Tamas, Ph.D. (ベン トーマス, Ben Thomas)/アルク 英語プログラムディレクター

英語教員資格、日本語教員資格、応用言語学博士。
2009年日本文部科学省国費研究生として来日。現在、(株)アルクにて教材や研修プログラム開発に携わる一方、教員向けセミナーや研修の講師を担当。 専門は教育論・言語教育・コミュニケーション・学習方法・学習モチベーション。

定 員

24名限定 ※先着順で承ります

※定員になり次第締切(キャンセル待ち)となります。

受講料(税込)

6,000円

本セミナーは終了いたしました


 

 

イベント・セミナーTOPへ