執筆 上野陽子
2015/1 Up

第82回 日本の暖房事情
Vol. 82 Domestic heating systems in Japan

Question
Can you describe what a kotatsu is in English?
(こたつを英語で説明すると?)

寒い冬にこたつで食べるミカンは、日本の冬の風物詩的な光景でした。でも、フローリングの普及が進むにつれて、こたつを使う人が少なくなり、ミカンの消費量すら減っているそうです。さて、日本の暖房は今どうなっているのでしょうか。暖房事情の昨今を見てみましょう。

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

古き良き時代の日本の暖房
Traditional heating systems of Japan

Irori, hearths built into the floor, and hibachi, Japanese heating appliances that burned charcoal in a brazier, used to be common heating systems in Japan. In the Meiji Period, stove heaters that used charcoal and wood as fuel became popular heating systems. However, since Japanese houses were drafty, people also used smaller heaters, such as kotatsu, to warm their lower bodies, along with other heating systems. You can read in old Japanese books how people watched the flames as they warmed themselves.

Hibachi: A heating appliance that uses charcoal. Usually, the charcoal is placed inside a large china pot.
Irori: A cooking hearth built into the floor. Ash is spread inside the pit, and firewood is used for fuel. Along with helping to heat a home, people can boil water or grill fish.
Kotatsu: A warmer that used to use charcoal as fuel, but the modern ones have an infrared heater under the quilted-covered table.
Anka: A heating pad that is used in bed.

日本では古くからいろりや火鉢が暖房器具として使われ、明治になると炭や薪などのストーブが活躍するようになりました。日本で主流だった木造住宅は気密性が低いために、火鉢やこたつなどの、部分的な暖房も使われ続けていました。『枕草紙』などにも記述が見られるように、こうした体を温める火は、眺めて風情を楽しむものでもありました。


火鉢 :石炭を使った暖房器具。陶器製の鉢に石炭を入れて使い、部分的に暖める。
囲炉裏:床に備え付けた料理に使う炉床。灰を敷き詰め、薪で火を起こし、湯を沸かしたり、焼き物をしたりする。
こたつ:を温めるヒーター。かつては炭を燃料としていたが、今ではテーブルの下に赤外線ヒーターが付いたものをカバーで覆って使う。
あんか:寝るときに使うパッド式のヒーター。

北海道より沖縄でこたつが普及!?
Kotatsu are used more in Okinawa than in Hokkaido!?

According to figures supplied by Weather Report, 75 percent of houses in Yamanashi prefecture have kotatsu heating. That is the highest rate in the country. Amazingly, only 23 percent of houses in Hokkaido have kotatsu, which 30 percent do in Okinawa. Many houses in Hokkaido have central heating, warms the whole house, so they don't need additional partial heating systems. On the other hand, 83 percent of houses in Hokkaido have oil heaters, while 50 percent in the Tohoku and Koshinetsu regions and 20 percent in the western part of Japan use them.

ウェザーレポート社のデータによると、こたつの所有率が最も高い県は山梨県で75%、沖縄県は30%で、なんと北海道では23%の人しか持っていないのです。暖房設備が充実した北海道では、セントラルヒーティングで家全体を暖めるために、部分的な暖房はいらないのです。一方、石油ストーブは東北・甲信越では半数が利用、西日本では20%ほどなのに対して、北海道では83%でした。

日本の暖房の主流は節電
The main heating systems in Japan

These days, because of the high price of oil and the relative airtightness of apartments in Japan, people prefer electric heating, such as air conditioners, oil heaters, ceramic heaters and floor heating. In addition to these general home-heating systems, people use such appliances as electric carpets and kotatsu for localized heating. As part of efforts to help protect the environment, 66 percent of Japanese citizens try to save electricity.

さて、最近の暖房の傾向としては、灯油の価格が上がり、マンションなどの機密性が高くなったため、ガス・石油ストーブに加えて電気を使ったエアコン、オイルヒーター、電気のセラミックヒーターや床暖房などが主流。加えて電気カーペットやこたつなどを併用しています。そして、66%の日本人が節電を心掛けるなど、日本人のエコ意識は高い傾向にあるようです。

近年の日本で使われる定気法では、1月20日ころは一年中で一番寒い「大寒」です。東京の都心ですら氷点下になり、雪もちらつくこの季節を過ぎれば……梅の花も咲き始め、遠くに春の足音が聞こえてきそうです。

Answer
A kotatsu is a Japanese leg warmer consisting of an infrared heater positioned under a quilt-covered table.
こたつは、赤外線が付いたテーブルを布団で覆った日本式の足を温めるヒーターです。

[参考資料]
Weathernews, News Center, 冬の暖房事情調査


日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録