HOME > 英会話 > 起き寝るつぶやき英語表現 > アンジェラ・アキさん|起き寝るつぶやき英語表現

執筆・解説 辰巳友昭


つぶやき英語表現 Vol. 93
12/16 Up
definitely
(間違いなく、確実に)
Tatsumi's Pick Up
「近い将来、パワーアップしてまた必ず帰ってきたいと思っています」
― アンジェラ・アキさん

In the near future, I am definitely hoping to make a comeback with even more vigor.

解 説

背景
歌手のアンジェラ・アキさんがオフィシャルサイトやフェイスブックなどを通じ、来春の全国ツアーをもって無期限の活動停止に入ると発表しました。理由はアメリカの音楽大学への留学です。幅広い層にアピールする楽曲を作り上げてきた実力派のアンジェラ・アキさんですが、音楽大学に通うのはこれが初めてということです。未知の世界へ向けて全力で準備をするためにも活動を無期限で停止せざるをえないのでしょうが、上のコメントの通り遠からぬ将来に活動を再開する意欲を見せてくれました。


表現解説
英語には「確かに」を表す副詞がたくさんあります。中でもよく知られているのはsurely、 certainly、clearly、obviously、少し硬い表現になるとundoubtedly、evidentlyなどを思いつく人が多いのではないでしょうか。副詞を用いずにIt is certain that ~、Without doubtのような定型表現を使って「確信度の高さ」を表すこともできます。それぞれの使い分けや語源を探り始めると切りがないので、今回はそんな中で特に会話でよく使用されるdefinitelyに注目してみたいと思います。


もともと形容詞definiteには「明確な境界線がある」「しっかり定義されている」「くっきりした輪郭の」といった意味があります。動詞define(定義する)や名詞definition(定義)も知っているとよりニュアンスが理解しやすいでしょう。そんな形容詞definiteにlyが付いて副詞になったものがdefinitelyですから、本質的な意味やニュアンスは変わらないはずです。


ところが副詞definitelyが使われるのは多くの場合会話の中です。会話では文章ほど厳密に言葉の本来の意味が意識されることがありません。なにやらdefinite(ly)という言葉の語義に矛盾するようですが、多くの辞書では「(口語表現)肯定の意味の強調に用いる」といった説明がされている程度です。


あらためて今回のアンジェラ・アキさんのコメントを見てみると、「必ず~したいと思っています」というのはやや曖昧な表現です。「必ず」が修飾しているのは「帰ってくる」なのか「思っている」なのか。もちろん「必ず思っている」というのはちょっと奇妙な日本語で「必ず帰ってくる」の方が自然ですが、「必ず帰ってくる」と「と思う」は矛盾するような……。(考え過ぎでしょうか)


結論を言うと、要は彼女は「戻ってきたい」と思っているわけで、「必ず」はその気持ちが強いことを示す一種の強調なのではないかと考えた次第です。そして、そういった場合の「気持ちや判断の強調」にぴったりの表現がdefinitelyということになります。


少し回りくどかったかもしれませんが、会話で非常によく使うdefinitely、下の起き寝るからの使用例も参考にして、どんどん使ってみてください。


今回の起き寝る関連表現

According to feng shui, I should definitely keep the bathroom clean.
(風水的にトイレは絶対きれいにしとかないと)
起きてから寝るまで英語表現700』P.82 No. 30

Word of mouth definitely works wonders.
(やっぱり口コミが一番効くな)
起きてから寝るまで英語表現700 オフィス偏』P.150 No. 53

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録