HOME > 英会話 > 起き寝るつぶやき英語表現 > 漫画家 水島新司さん

執筆・解説 辰巳友昭

つぶやき英語表現 Vol. 115
11/17 Up
I owe ... to ~
(…は~のおかげ)
Tatsumi's Pick Up
「プロ、アマの大勢の選手や球界関係者の方々の応援、協力に支えられて頑張ってこられました。これからも賞に恥じない作品を描いていきたいと思います」
― 漫画家 水島新司さん

I owe my career to the encouragement and cooperation of people in the world of baseball, professional and amateur alike. I'll try to keep on drawing works that are worthy of this medal of honor.

解 説

背景
今秋の受勲式が行われました。今回は受勲者の中から『ドカベン』などの作品で長年活躍しておられる水島新司さんの発言を取り上げます。水島さんは56年のキャリアを誇り、そのほとんどを通じて野球関連の漫画を描いてこられました。僕も少年時代に『ドカベン』を一気に読みあさった記憶があります。受勲に際し、水島さんは作品の中心となる野球関係の方々の応援に対する感謝を述べられました。


表現解説
今回は動詞oweに注目します。学校で習う語彙の中では比較的難しい方だと思いますが、ネイティブスピーカーは比較的頻繁に使用します。意味は「~に借りがある/~の恩恵をこうむっている」。ちなみに英語で「~に~円借りました」といった簡単なメモの形の借用書をIOUを呼びますが、これはI owe you(私はあなたに借りがある)をもじったものです。

基本的な語法としては次の2種類を覚えておきましょう。
I owe 人 もの. ≒ I owe もの to 人.
例えば「私は彼に2千円借りている」はI owe him 2000 yen.ともI owe 2000 yen to him.とも言えます。ただし、具体的に何かを借りているというよりは漠然と恩恵をこうむっているというニュアンスの場合、I owe もの to 人.の言い方が自然で、I owe my success to him.(私の成功は彼のおかげです)とは言ってもI owe him my success.(×)とはあまり言わないようです。

今回の水島さんの発言も、「借りがある」というよりは「恩恵をこうむっている」に近い言い方ですので、owe もの to 人(の応援)という構文になっています。

上のような基本の語法が押さえられたら、次は少しバリエーションを探してみましょう。映画などでやや感情的な場面にしばしば登場するのはYou owe me!という表現です。「お前には貸しがあるぞ」という直接的な言い方で、相手に服従を迫るような感じがあります。それに対して「あなたに借りなどない」と言い返したければI don't owe you anything (= I owe you nothing.)とでも言えば良いでしょう。

I owe it to her that I can read and write.(私が読み書きできるのは彼女のおかげだ)のようにowe it to 人 that ... という表現も、書き言葉でよく見受けられます。これは本来oweの次に来るはずの情報量が多いため、形式目的語のitを使ってthat節の形で後ろへまわしたものです。

また、owing to ~という熟語も論説文などでしばしば使用されます。ある(多くは悪い)ことがらの原因を示すときの表現で、平たく言えばbecause of ~の言い換えの1つです。Our excursion was canceled owing to bad weather.(遠足は悪天候で中止された)

最後に、oweと見た目の似ている動詞ownとの違いについて触れておきましょう。これらは似ているどころか語源が同じとされているのですが、現在では「借りがある」を意味するoweに対し、ownには「所有する」という意味があります。ゆえに「所有者」のことをownerと言いますね。

それでは、起き寝るから2つ関連表現を挙げて終わります。1つ目はoweの用例、2つ目は「応援」に関する表現です。


今回の起き寝る関連表現
I owe him a favor / a lot, so I can't say no to him.
(彼には借りがあるから断れないや)
起きてから寝るまで英語表現700 オフィス編』P. 52 No. 2

I cheer for my favorite neighborhood baseball team.
(草野球の応援をする)
起きてから寝るまで英語表現700』P. 175 No. 26

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録