HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『RENT/レント(2005)』

執筆 まつだあいこ
『RENT/レント(2005)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

映像作家、元人気ロッカー、大学講師、ドラッグ・クイーン、エキゾチック・ダンサー、アングラ・パフォーマー、弁護士。ニューヨークのイースト・ビレッジの片隅で家賃(レント)の支払いもままならず、さまざまな悩みを抱える若者たちの、89年のクリスマスから90年のクリスマスまでの1年間、52万5600分の物語をつづったミュージカル。

レント デラックス・コレクターズ・エディション
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
make it up to 人
フレーズ活用度:★★★★

セリフ抜粋


Roger: Can I make it up to you?
ロジャー:埋め合わせさせてくれないか?


解説


互いに好意を寄せ合うエキゾチック・ダンサーのミミと、元人気ロッカーのロジャー。しかし、過去のつらい出来事や自分の抱える問題からか、ロジャーはミミに、つい冷たい態度をとってしまう。これを反省し、ミミの前に現れたロジャーのセリフから。make up には「償う」「補う」の意味があり、特に make it up to +人 は、相手に対して「迷惑の埋め合わせをする」「借りを返す」という意味で用いられる。I'll make it up to you. で「この埋め合わせはきっとするよ」といったニュアンスに。このフレーズを用いたセリフは、『ライオンキング』(94)、『恋愛小説家』(97) 、『The OC』セカンドシーズン第3話(03)ほか、さまざまな作品に登場している。なお、 make up には「つくる」「準備する」「でっちあげる」「仲直りする」、さらに「化粧する」などの意味もある。make up one's mind だと、「決心する」「覚悟する」。


こんなふうに使ってみよう


Carlos: Well Seth, how can I make it up to you? 
(カルロス:じゃあ、セス、どうやって埋め合わせればいい?)
『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(96)より


あいこのつぶやき


プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』を現代風にアレンジ、貧困やエイズ、犯罪、同性愛といった、80年代終わりの社会問題を浮き彫りにした、大ヒットブロードウェイ・ミュージカルである本作。自らの体験を織り込み、この舞台の作詞・作曲・脚本を手がけたジョナサン・ラーソンが、96年のオフ・ブロードウェイ開幕目前に急死したことでも有名です。映画版には、年齢や体調を理由に辞退した2人をのぞき、メインの8人中6人が舞台のオリジナルキャストで出演。ちなみに、08年11月には、2度目の日本版ミュージカル公演があります。


That's a shame.

ブラッド・ダイヤモンド(2006)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録