HOME > TOEFLテスト対策 > はじめてのTOEFL(R)テスト iBT > Reading Section 同義語選択問題

Reading Section 1.同義語選択問題

解説 神部 孝

出題比率の高い問題で、パッセージ内で使われている単語や熟語と同じ意味の用語を選択肢から選びます。問題のサンプル画面を見ながら、解答の流れとコツを確認しましょう。
※画面はサンプルです。 実際の表示は異なることがあります。

解答の流れとコツ
まず、試験開始後、画面上でパッセージを一度スクロールして読んだフリをします。最初にスクロールしないと問題が表示されないので、要注意です。パッセージの上から順に出題されるので、パッセージを読まないですぐ1問目に取りかかると高得点が狙えます。
解答に際しては、画面の上に表示される時間を参考に、各パッセージ20分を厳守してください。最初の20分は自動的にカウントダウンされるため、この間に1つめのパッセージを解き、残り時間に注意しながら次の40分で2パッセージを解きます。表示時間は残りの解答時間を表します。
※画像をクリックすると拡大できます。
この例題では、a considerable voidのconsiderableと同じ意味の語句を選びます。considerableは「かなりの」という意味なので、選択肢のsubstantial(かなりの、相当な)が正解です。
なお、知らない語句が出てきたらパッセージの文中での意味を考えてください。迷ったときはメモ書きの消去法をうまく活用しましょう。なお、難易度の高い語句は本文と別の色で示され、ポップアップで意味が表示されます。
同義語選択問題  文章挿入問題 >  パッセージ要約問題 >
<< Reading Sectionのトップへ

はじめてのTOEFL(R)テスト iBT トップへ

メルマガ登録