HOME > TOEFLテスト対策 > はじめてのTOEFL(R)テスト iBT > Reading Section 文章挿入問題

Reading Section 2.文章挿入問題

解説 神部 孝

与えられた文章をパッセージの適切な個所に挿入する問題です。リーディングセクションの中でも難易度が高い問題です。実際に問題のサンプル画面を見ながら、解答の流れとコツを確認しましょう。
※画面はサンプルです。 実際の表示は異なることがあります。

解答の流れとコツ
まず挿入文をよく読んで、序数や代名詞をチェックします。挿入する位置が検討するためのヒントになります。序数は「第一に」「次には」という順番を指すことです。次に、パッセージ中のすべての挿入個所候補の直後文を読み、挿入文が当てはまるか検討しましょう。なお、挿入される位置が指定されている場合も多いので、パッセージの要旨を把握してから読むことも重要です。
※画像をクリックすると拡大できます。
この例題ではまず、挿入文中のtwo ways(2つの手段)に注目します。パッセージ中の2つめの■の後のone balancing forceが1つめの手段を、3つめの■の後のanother wayがもう1つの手段を表しているので、2つめの■の直後に挿入するのが最適です。
挿入したい個所の■をクリックすると自動的に文が挿入されます。この段階で、文章全体の流れが正しいかどうか必ず確認しましょう。
< 同義語選択問題  文章挿入問題  パッセージ要約問題 >
<< Reading Sectionのトップへ

はじめてのTOEFL(R)テスト iBT トップへ

メルマガ登録