第34回アルク翻訳大賞
字幕翻訳部門 講評

出題/審査/講評
松田 海 先生(映像翻訳者/ワイズ・インフィニティ 制作部チーフディレクター)

字幕翻訳部門 講評

課題の場面は、主人公チャーリーが薬物依存症の治療のため、リハビリ施設に入所した直後です。出題時に書きましたが、彼以外は、ここで初めて登場する人物ばかりなので、作品の流れを知らずに、この場面だけを訳しても問題はなかったはずです。その代わり、映画『カッコーの巣の上で』のセリフが出てくることが注意すべき点だったと思います。元のセリフの意味も知っておく必要があるでしょう。該当箇所には、ヒントとしてスクリプトに (IMITATING JACK NICHOLSON) と書かれていましたが、いかがでしたでしょうか。それでは、内容を見ていきましょう。

いきなり会話の途中から始まるため、最初は意味を取りづらいかもしれません。主語の IT が何を指すかは分からなくていいので、暖かい毛布のように包んでくれるもの(おそらく気持ちのいいもの)というイメージだけ持って、スタートしましょう。翻訳は後で整えます。INSIDE AND OUT は「内側も外側も」。最終的に訳例では「身も心も」としてみました。

②~③ JOE は本作に名前しか出てきません。新入りのチャーリーと入れ替わるように、彼が施設から去ったことを短い字数制限で言わなければなりません。

④~⑤ ④ HE WAS WAY TOO COOL FOR THIS PLACE. と言っていますが、JOE はどんな人物なのでしょう? ⑤の HE FLEW THE CUCKOO'S NEST, WENT McMURPHY.(彼はカッコーの巣から飛び立ち、マクマーフィになった)というセリフから、映画『カッコーの巣の上で』(原題: One Flew Over the Cuckoo's Nest)の主人公と重ねていることに気づかなければなりません。原文どおり「“カッコーの巣”を去った」として、映画のことを察してもらうのもいいですが、そのことに気づいてもらえない可能性もあります。分かりやすさを優先して、訳例は映画のタイトルとして出すことにしました。同作の主人公マクマーフィは、精神科病院から脱走を図る人物です。④は「彼はこの施設には収まらないクールな奴だった」という感じなのでしょう。字数制限があるので、結局「奴は逃げた」としています。

⑥~⑦ 『カッコーの巣の上で』のセリフをマネしている部分です。声色が変わっていますが、PAUL 本人の言葉と区別できるように引用符を付けました。

Chris は、①のセリフの続きを求めます。モノマネをやめさせる言葉にしている回答も多かったですが、続きを促す形にしたほうが、次の字幕から話題が元に戻ることが自然になりそうです。

⑨~⑬ そして Paul が①の続きを話します。⑩~⑫と例えが続き、何について話しているのかがなかなか分かりません。⑬でやっと RUSH というヒントになるキーワードが出てきます。麻薬を摂取した時の快感のことです。これでやっと、①と⑩~⑫の方向が定まります。また、麻薬だと分かるように「ブツ」や「ヤク」などの言葉を出しておくといいでしょう。翻訳事典賞の方の訳「初めて打った時の快感」だと、何を打ったのかがやや分かりにくいと思いました。

I'M SOLD. は、Paul の話(売り込み)に同意している言葉です。

SHOT は「注射」のことで、これも麻薬に結び付く具体的な単語です。接続詞 BUT も話の流れを分かりやすくするために訳出すべき部分でしょう。

⑯~⑰ 原意は「幸運な奴は最初の快感を忘れられないだけだが、多くは墓までそれを追い求める」ですが、訳例では「不運な奴は~」と意味を反転させることで主語を1つにまとめて字数を抑えました。字幕2枚で1文にする場合でも、「死ぬまで」の部分を原文の TO THE GRAVE と同じタイミングにしたこともポイントです。

⑲~⑳ ③に続いて、再び JOE が名前だけ出てきます。リハビリ施設の入所者たちが彼について語り合いますが、⑲で施設の所長 Drake は、JOE'S DEPARTURE と言っています。それに対して、⑳では入所者 Thaniel が、JOE'S GONE? と聞き返します。前者は明らかに硬めの表現を使っているので、同じことを指していても、それぞれ別の言葉にしたいところです。訳例では、前者を「離脱」として、後者を「出てった」としました。「離脱」ではなく、「脱走」としていた回答もありましたが、やや非難しているニュアンスが出そうです。主観を込めないほうが、所長らしい冷静な感じが出ると思いますが、いかがでしょう。

㉓~㉔ ここは逆に、Chase の主観を込めるべきでしょう。EXPLICITLY AND GLOWINGLY をどう訳に入れ込むかによって、Paul を非難している感じが出ます。訳例では、「臆面もなく」と「熱弁」に込めました。

㉕~㉖ コンテストではハコ割りが決まっているので、訳しにくい面があるかもしれません。この2枚のつながりが不自然に思えた回答が多かったです。㉖が短いので、㉕で文を完結させてしまうより、訳例のようにダーシで1文にしたほうがブツ切れな感じがしなくて済みそうです。

LOSE SIGHT OF WHY THEY'RE HERE を「目的を見失う」など、なぜか「目的」と訳した回答がいくつかありましたが、やはり「理由」にしないと次の字幕につながらないでしょう。

㉙~㉚ ここもまた『カッコーの巣の上で』のモノマネです。Paul 自身の言葉ではなく、映画の主人公のセリフをそのまま言っている感じなので、⑥~⑦と同様に引用符を付けました。映画では精神科に送られてきた理由を自己分析して言うセリフです。

㉜~㉝ モノマネが続きます。今回の課題の中で、一番難しかった部分ではないでしょうか。まず㉜です。辞書に、have a bug up one's ass で「虫の居所が悪い」などの意味が載っているので、PUT...YOUR ASS となっていることから、「イライラさせる」や「怒らせる」という解釈にたどり着けそうです。そして㉝ですが、直訳すると「クソをすべき(TAKE A SHIT)か、腕時計のネジを巻くべき(WIND YOUR WRISTWATCH)かも分からないだろう」となり、唐突すぎて何のことか分かりにくいかもしれませんね。don't know whether to A or Bという形で、バリエーションがあるようですが、何をすべきか分からないほど気が動転している様子を表すスラングです。この2枚で「理性や判断力を失うほど怒り狂わせてやる」というような意味になっていればいいでしょう。ただし、㉝の訳例では、元ネタがあるということで唐突でも「クソ」と「時計」というキーワードを残しました。ちなみに、『カッコーの巣の上で』では、put a bug so far up her ass she won't know whether to shit or wind her wristwatch と言っており、主人公が精神科病院の婦長を怒らせると宣言するセリフです。

映画にかぶれている Paul を非難しています。このセリフによって、前のセリフが映画のモノマネだと分かります。

まだモノマネが続きます。映画では SHE は婦長のことですが、ここでは Viv のことのように言っています。

原文は単語1つ、LANGUAGE. だけですが、意外と回答が分かれる1枚でした。「言葉に気をつけるように(汚い言葉を使わないように)」という意味を出そうとするあまり、やや不自然な字幕が多かったです。3文字という字数制限もあるので、訳例は、エスカレートしてきた Paul を止めるだけのセリフにしました。

「DVDを壊す」としている回答をいくつか見ましたが、DVDプレーヤーを壊すように読めたので、訳例は「DVDを割る」にしました。

『カッコーの巣の上で』のDVDを割ったら、『きみに読む物語』と『カーズ2』だけになると言っています。字数に収まらないので、訳例はタイトルを出さずに、「残る映画は2本だぞ」にしました。「残るは恋愛ものかアニメだぞ」や「他は女子供向けの映画だ」という、何とか映画の内容まで伝えようとする回答もありましたが、前者は字数制限オーバー、後者は何枚のDVDが残るのか分からない(ジャンルだけの問題にも読めた)ため、あと一歩という感じでした。

㊵~㊶ ㊶の ACCEPTANCE, SOLUTION, AND COMMITMENT は、原語どおり3つ並べたいところです。実際の依存症回復支援施設で採用されているプログラムを参考に、訳例では「認知」「問題解決」「行動」としました。

課題文

状況設定:薬物依存の更生施設に入所したチャーリー。彼が施設内の庭にいると、他の入所者の3人が声をかけてくる。

PAUL IT JUST COVERS YOU LIKE A-- A WARM BLANKET. INSIDE AND OUT. (17)
JIMMY HEY, IT'S A NEW GUY. (7)
HOW YOU DOING, NEW GUY? THEY PROBABLY PUT HIM IN JOE'S ROOM. (11)
PAUL YEAH, HE WAS WAY TOO COOL FOR THIS PLACE. (6)
JIMMY YEAH, HE FLEW THE CUCKOO'S NEST. WENT McMURPHY. (12)
PAUL (IMITATING JACK NICHOLSON) YOU GUYS DO NOTHING BUT COMPLAIN ABOUT HOW YOU CAN'T STAND IT IN THIS PLACE HERE,(20)
BUT YOU DON'T HAVE THE GUTS TO JUST WALK OUT? (10)
CHRIS PAUL, JUST FINISH, MAN. (6)
PAUL SO ALL I'M SAYING IS... (8)
YOU COULD BE UNDER A BRIDGE IN THE COLD RAIN, STILL FEEL THE WARMTH. (19)
YOU COULD HIT THE LOTTERY. (9)
WIN THE NOBEL PRIZE, AND BANG THE HOMECOMING QUEEN (16)
ALL AT THE SAME TIME, AND IT WOULDN'T TOUCH THAT FIRST RUSH. (17)
CHRIS FUCK. MAN, I'M SOLD. (14)
PAUL BUT EVERY SHOT AFTER THAT, JUST SLOPPY SECONDS. (18)
THE LUCKY ONES JUST MOURN THE FEELING, BUT MOST END UP (16)
CHASING IT TO THE GRAVE. (6)
DRAKE OKAY, OPEN YOUR EYES. (7)
SO BEFORE WE START, WOULD ANYBODY LIKE TO SHARE FEELINGS ABOUT JOE'S DEPARTURE? (18)
THANIEL JOE'S GONE? (4)
DRAKE NO ONE HAS ANYTHING TO SHARE? (8)
CHASE I HAVE SOMETHING. (5)
BEFORE GROUP, I COULDN'T HELP BUT OVERHEAR PAUL (10)
TALKING EXPLICITLY AND GLOWINGLY ABOUT HEROIN USAGE. (22)
AND I FEEL, IN LIGHT OF JOE'S RELAPSE, THIS KIND OF DRUG TALK IS COUNTERPRODUCTIVE (20)
TO WORKING A RIGOROUS PROGRAM. (8)
DRAKE YEAH, JOE FAILED. HE FAILED TO SEE HIS DISEASE FOR WHAT IT IS. (17)
I GUESS FOR SOME PEOPLE, IT TAKES A WHILE. THEY LOSE SIGHT OF WHY THEY'RE HERE. (18)
PAUL (IMITATING JACK NICHOLSON) NEAR AS I COULD FIGURE IT OUT, IT'S BECAUSE I-- (13)
I FIGHT AND FUCK TOO MUCH. (9)
CHASE I THINK IT'S A LITTLE MORE THAN THAT. (6)
PAUL (IMITATING JACK NICHOLSON) I COULD PUT A BUG SO FAR UP YOUR ASS (9)
YOU WOULDN'T KNOW WHETHER TO TAKE A SHIT OR WIND YOUR WRISTWATCH. (16)
VIV WHAT IS IT WITH YOU AND THAT STUPID MOVIE? (9)
PAUL (IMITATING JACK NICHOLSON) I DON'T WANT TO BREAK UP THE MEETING OR NOTHING, BUT SHE'S SOMETHING OF A CUNT, AIN'T SHE, DOCTOR? (21)
DRAKE LANGUAGE. (3)
VIV I'D LIKE TO BREAK THAT FUCKING DVD. (6)
JIMMY IF YOU BREAK THAT DVD, WE'RE DOWN TO "THE NOTEBOOK" AND "CARS 2." (11)
DRAKE PEOPLE, ENOUGH. (6)
LOOK, I KNOW THIS IS AN OPEN FORUM,(7)
BUT CAN WE PLEASE KEEP IT TO THE PARAMETERS OF ACCEPTANCE, SOLUTION, AND COMMITMENT? (18)
「第34回アルク翻訳大賞 審査結果発表」に戻る