HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 医薬翻訳の世界(翻訳会社に聞く)


翻訳会社に聞く 医薬翻訳の現場で求められる「CSマインド」と「専門性」
医薬翻訳者の多くはスクールで専門的な知識やスキルを学んだ後、翻訳会社に登録して活躍している。現場で求められる資質や仕事のクオリティはもちろんだが、登録する際に問われるレベルも気になるところ。実際はどうなのか、医薬・科学分野の翻訳会社アスカコーポレーションでお話を伺った。

オーダーにふさわしい翻訳者を選ぶ
IT革命を機に経済のグローバル化が一気に加速した1990年代。製薬業界でも国内外のメーカーによる海外展開が活発化した。大阪に本拠を置くアスカコーポレーションが設立されたのはその頃。同社では翻訳事業の9割が医薬・科学分野。そのほとんどが製薬関連だという。

クライアントは製薬・バイオメーカー、医療器械メーカー、医薬系出版社や広告代理店、大学・研究機関など。依頼が来ると「実績やバックグラウンド、文章の特徴等も考慮し、オーダーに適した翻訳者を選定します」(坂本氏・以降、コメント全て)。単発の案件だけでなく、なかには数人の翻訳者でチームを構成して受ける長期プロジェクトもある。

訳が正確なだけでは不十分

翻訳者から上がってきた原稿を確認・精査するのも翻訳会社の大事な仕事の一つだ。数字の間違いや訳抜け・誤訳のチェックに加えて「専門家にレビューしてもらうケースも。内容的な部分はもちろん、表記・表現が業界の最新スタンダードにきちんと準拠しているかも確認します」。訳に求められるのは正確さだけではない。クライアントから参考資料を渡されている場合は、「言い回しや文章のトーンを資料に合わせて仕上げることが大事」。用語や表記に関して独自のルールを持つ企業もあり、その場合は各社の用語集に沿って訳出することが求められる。

「何でもやります」では成長できない


株式会社アスカコーポレーション
東京事務所営業部部長 坂本奈央さん(左)、
同 営業部 佐藤直人さん

現在、同社に登録している翻訳者は、理系のバックグラウンドを持つ人が約7割を占めるが、経歴以上に重視されるのはクライアントの満足度に対する意識だ。

「私たちが一番大切にしているのは、クライアントにとってベストなものを翻訳者と一緒に仕上げること」。文書の用途や細かい要望をクライアントに確認して翻訳者に伝え、必要とあらば資料も揃える。納品後も「クライアントからのフィードバックは必ず翻訳者と共有し、次に活かしていただいています」。仕事のクオリティを上げ、顧客の満足度を高めるには、自分の専門分野を掘り下げる努力も必要だという。

「何でもやります、では困ります。ある程度専門を絞って理解・造詣を深め、その分野の翻訳で経験値を蓄積していかないと、求められるクオリティをクリアできない」。特定分野に強い翻訳者として着実にステップアップできるよう、スキルアップセミナーを実施したり、仕事の割り当てに配慮するなど「会社としても多面的かつ継続的にサポートしています」。

登録翻訳者の選考基準についてもお聞きした。合格率は応募者の10%にも達しない厳しさだそうだが、選考では即戦力になるかどうかだけでなく、今後の可能性やコミュニケーション力もチェックしているとのこと。トライアルの課題は半年ごとに更新され、再チャレンジも可能。実際「3、4回受けて登録に至った方もいます。諦めずに挑戦し続ける前向きな姿勢も評価対象になるので、興味のある方はぜひチャレンジしてください」。

任せて安心!と言われる「エース翻訳者」の資質

1 調べること、学ぶことを億劫がらない
目の前の仕事のために、分からないことはとことん調べる!という探究心も必要だが、「普段から学会や展示会に足を運んで勉強する努力も大事。医薬翻訳者のネットワークを作って独自に勉強会を開いている方もいます」(坂本氏)。

2 日本語が好き
「英語が得意という方は多いけれど、翻訳には日本語表現の幅や深さも必要」。専門分野の文献だけでなく、普段から新聞や小説などさまざまなジャンルの日本語をたくさん読んでいる人は、それだけ言葉や表現の広がりもある。好きこそものの上手なれ。日本語が好きであることも大事な資質の一つだ。

3 素直なキャッチボールができる
「例えば、納品時に『今回は難しかった』と言ってもらえれば、その方の現時点での実力や不得意分野も分かるし、次回お願いする時に参考資料などを探して渡すこともできる」。マイナス情報も素直に申告し、翻訳会社とキャッチボールできれば、それは仕上がりの質を上げることにも、翻訳者自身の成長にもつながる。

株式会社アスカコーポレーション

株式会社アスカコーポレーション

医薬関連ドキュメントの翻訳、英文校正、メディカルライティング等を専門に手がける翻訳会社。1998年からは米国『サイエンス』誌の窓口として、日本における会員サービスやコンテンツ翻訳も行っている。

http://www.asca-co.com/

製薬メーカーに聞く 「クオリティ」と「スピード」、
違和感のない表記を求めたい
翻訳会社に聞く 医薬翻訳の現場で求められる
「CSマインド」と「専門性」
田中修一さん松代雅子さん プロへの道のりと仕事への思い
田中修一さん松代雅子さん
医薬翻訳教育関係者に聞く 医薬翻訳への道を拓く
「考える力」と「書く力」


翻訳・通訳のトビラ トップへ