HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 医薬翻訳の世界(製薬メーカーに聞く)


製薬メーカーに聞く 「クオリティ」と「スピード」、違和感のない表記を求めたい
医薬翻訳では、翻訳会社にとっても翻訳者自身にとっても最大のクライアントとなるのは製薬会社である。どんな部門で、どれくらいのニーズがあるのか。納品原稿に求めるレベルや今後も動向も含め、外資系大手製薬メーカー、ブリストル・マイヤーズ株式会社の広報マネージャー、石田由紀さんにお話を伺った。

研究から生産まで翻訳ニーズはすべての部門に
医薬翻訳のなかで最も大きな割合を占めているのが製薬メーカーから発注される翻訳案件。ブリストル・マイヤーズで広報マネージャーを務める石田由紀氏は「研究開発から生産・販売まで、翻訳が必要となる資料は社内すべての部門で発生している」と語る。

同社は米国ニューヨークに本社を置く。仕事はすべて本社の規定に則って進められるため、本社の規定や資料を和訳して周知したり、逆に日本で起こっていることを英訳して本社に報告し、承認を得るなど、どの部門においても双方向のやりとりが、かなりの頻度で発生するという。

特にボリュームが多いのは「開発段階と承認前の薬事関連の資料ですが、製造の現場でも翻訳ニーズはかなり高い」と、石田氏。外資系企業では一つの文書に和文・英文の両方が必要なため、和訳・英訳ともにほぼ同量のニーズがあるという。

求めるのは「クオリティ」と「スピード」


ブリストル・マイヤーズ株式会社
広報マネージャー 石田由紀さん

翻訳に求められるのは、「第一にクオリティ。そしてスピードです」(石田氏)。的確に訳すには、専門用語はもちろん、背景にある医学や製薬の知識が不可欠。文書によっては薬事法などの法律知識や生物、物理に関する基礎知識も必要だ。

さらに、業界の最新情報にアンテナを張ることも求められる。漢字の訳語が原語のままカタカナで表記されるようになったり、カタカナで書いていた長い名称がアルファベットの略語で記されるなど、業界用語は頻繁に変化する。表現が古いと「こんな言い方はしない」と、読み手に違和感を与えかねない。

疾患名などは個々の企業で訳し方や表記が異なるケースも。「きれいに訳されていても、弊社では使わない単語が出てくると、違和感が残る」(石田氏)。正確さに加え、クライアントにとって自然な表現・文章に仕上げることもクオリティ評価の重要な要素の一つだ。

納期に関しては「ある程度余裕を持ってお願いするのがベストですが、業務提携等で本社との調整が必要な案件もあります。時には朝一番にお願いして、お昼までに仕上げていただくことも」(石田氏)。外資系の場合は本社との間に時差があるため、翻訳会社に夜間や週末対応を依頼することもある。

「事前に連絡しておくと翻訳者さんをあらかじめ確保して態勢を整えておいてくださるので助かっています」(石田氏)。

製薬は人命に関わる仕事。その一端を担う翻訳関係者にも迅速かつ臨機応変な対応が求められている。

翻訳ニーズは確実に拡大する

新薬関連の文書には機密事項も多い。翻訳会社とは機密保持契約を結んでおり、厳正な情報管理はクオリティ以前の大前提。同社では購買部門が翻訳会社のスクリーニングを行い、社内規定に基づいて契約した翻訳会社に発注している。納品された翻訳の品質管理は部門ごとに行っているが、仕上がりの質は翻訳会社の担当者がどれくらいクライアントのことを理解しているかや、翻訳会社のチェッカーの技量にも左右されるという。

「長くお付き合いいただいている担当者さんは弊社のことや表記ルール等だけでなく、訳の好みも分かってくださっているので仕事がスムーズ」と、石田氏。「今は事業が拡大傾向にあるので、それに伴って発生する多くの文書を確実かつスピーディに翻訳していくためにも、同じ方に継続して担当していただくのが理想」(石田氏)。

同社は、研究開発に力を入れており、今後日本でも継続的に新薬の発売を見込んでいる。様々なプロジェクトの立ち上げなど、既に動いている部分もあるが、この傾向は今後も数年のスパンで続く模様。「質の高い翻訳を求める声は、今後ますます増えると思います」(石田氏)。

ブリストル・マイヤーズ株式会社

ブリストル・マイヤーズ株式会社

医薬品を扱うグローバル企業、ブリストル・マイヤーズスクイブ カンパニーの日本法人。現在は処方薬に特化し、研究開発から生産・販売までトータルに事業を展開。昨年、日本で事業開始(1960年)50周年を迎えた。

http://www.bms.co.jp/

広報担当となって約4年になる石田由紀氏。その前は代理店で製薬会社を担当していたという。翻訳の質を高めるため「用語リストを作成して翻訳会社の方にお渡ししたり、新しい開発品についてはあらかじめ翻訳のルールを決めてお伝えするようにしています。現在お付き合いしている翻訳会社さんには高いクオリティをご提供いただいているので、質・スピードの両面でもとても満足しています」。

製薬メーカーに聞く 「クオリティ」と「スピード」、
違和感のない表記を求めたい
翻訳会社に聞く 医薬翻訳の現場で求められる
「CSマインド」と「専門性」
田中修一さん松代雅子さん プロへの道のりと仕事への思い
田中修一さん松代雅子さん
医薬翻訳教育関係者に聞く 医薬翻訳への道を拓く
「考える力」と「書く力」


翻訳・通訳のトビラ トップへ