HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第2回】IR通訳とテニス

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第2回】IR通訳とテニス

10年間のサラリーマン生活を経ての転身

私は通訳者として、少し変わった育ち方をしてきました。

10年間のサラリーマン生活を経て、通訳者に転向しました。通訳学校に行きはしましたが、たった半年。しかも、生来の飽きっぽさも手伝って、その半年間すらあまり熱心に通っていません。大手通訳エージェントへの登録をモタモタと進めている内にたまたま縁があってインハウス通訳者になりました。自身がエージェントとしての顔を持った今では、大手通訳エージェントといくつかの接点がありますが、通訳者としてはほとんどありませんでした。

先輩通訳者との関係についてはどうか。通訳者になった当初からの通訳者の友人・知人はいますし、通訳者としてリスペクトしている人もいますが、「大先輩として憧れている」的な存在の通訳者は私にはいません。

そんな自分、つまり、通訳学校からも、通訳エージェントからも、先輩通訳者からも距離を置く自分を育ててくれたもの、それがIR通訳です。今回の記事では、私にとって大事な存在であるIR通訳について書かせていただきます。

Q&Aの通訳

Q&Aの通訳

IR通訳の最大の特徴、それは「Q&Aの通訳である」ことだと感じています。

通常のプレゼンやスピーチであれば、話し手が会場に向けて主に一方向で話をします。そのようなスタイルのIRミーティングもありますが、ほとんどの場合、IRミーティングはQ&A形式で進みます。

IRミーティングのよくある始まり方は:

日本企業:「本日はお時間をいただき、どうもありがとうございます。今日はどのように進めましょうか。まず弊社の方から概要といいますか、最近のアップデート的なことをお話しした方がいいのか、あるいはもう最初からQ&Aで行きましょうか。」

海外機関投資家:“Thanks. I’m quite familiar with your company, I’ve read the brokers’ reports(*証券会社のアナリストが書いた、その企業に関するリサーチ・レポート), and have prepared a list of questions. So, can we jump straight into Q&A?”

こうしてQ&Aが始まります。
QとAは、それぞれ1つずつで1セットです。
が、1セットで独立して完結することはほとんどありません。

例を見てみましょう。

Q: “What are your views on the current competitive environment? What are your peers doing?”
A: 「弊社の最大のライバルであるドイツのX社は、もっぱら価格を下げることでシェアを取りに来ています。それに対し我々は製品のクオリティを向上させることで対抗しています。」

上記Aは、その直前のQを受けての回答ですから、もちろんQと密接に関係しています。興味深いのは、そのAを受けた投資家が次に発するQが、そのAの影響を大きく受けていることが多い点です。

Q: “OK,,, and how exactly are you improving your quality? I mean, what’s the key differentiating factor between you and Company X in terms of product quality?”

それに対し再び日本企業がAを考え、発言します。

つまり、IRミーティングにおける会話は、延々と続くテニスのラリーと似ています。一打目となるサーブ(投資家の最初のQ)だけが独立して存在していて、その後の全てのA→Q→A→・・・は互いに密接に関係しています。そして、そのような流れの中を複雑に進むQ&A、その通訳こそがIR通訳です。

テニスのラリー

丹埜段さん
Profile/

IR通訳会社アイリス代表。10年間のサラリーマン生活を経て、2008年に通訳者に転向。数カ月フリーランスを経験した後、インハウスのIR通訳者として野村證券に入社。3年間、海外の機関投資家に同行して日本国内のあらゆるセクターの上場企業を回り、約1,500件のIRミーティングの通訳を行う。2012年に独立し、IR通訳に特化した通訳会社アイリス(IRIS)を設立。引き続き海外投資家との国内案件を行いつつ、2013年からは日本企業に同行して海外を回るIRロードショーに注力し始める。2014年には、1兆円弱のエクイティ・ファイナンス(IPOやPO)に通訳者として参加。

バックナンバー