HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第3回】オーストラリアの通訳現場から

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第3回】オーストラリアの通訳現場から

メルボルンでの出勤前

バリバリバリ・・・。真冬といえども日本にいるほど身体の芯から冷えるような感覚のないメルボルンで久々に聞いたこの音。「曇り時々雨。突風に注意」の天気予報を信じ、珍しく自動車で今日の現場に向かおうとすると、フロントガラスが凍りついていました。オーストラリアの大都市はどこもそうなのですが、朝の道路状況は刻一刻と変わります。

今日の仕事は王道の9時開始。その上シティを縦断して現場にいかなければならないので、まさに1分1分が勝負です。台所にいた子どもに外から大声で「お湯沸かして!」と指示し、エンジンを温めつつ待つこと2分。やっとのこと出来上がった熱湯をフロントガラスにかけるとフロントガラスに張り付いていた氷は何事もなかったかのように流れ去り、出発の準備が整いました。

メルボルン

でも無駄にしてしまった7分はあなどれません。もちろん、いつも余裕をもって出発時間を決めていますが、それでも朝は1分の出発の遅れが2分の到着の遅れになります。所要時間をあらかじめ把握し、公共交通手段で現場に向かうことができる(しかも、予想所要時間に狂いがない!)日本とは大違いです。今日は朝からワイルドカードで始まる1日でした。

それにしてもこの寒さ。2週間前に戻っていた日本とは天地の差です。ちょうど梅雨明けと重なり湿度も手伝って息苦しい程の暑さの東京には、たった1日の会議のために戻ったのですが、1日とはいえ、エージェントが資料を取りそろえ、通訳の分担を決め、会場の地図まで用意してくれる日本は、本当に仕事をする環境に恵まれているなあと思います。

オーストラリアの日英・英日通訳事情

日本語の通訳に限っていえば、オーストラリアではエージェント経由で紹介される仕事はあまり多くありません。ビジネス関連のミーティングはクライアントから直接依頼されるケースが多く、当然ながら条件交渉や見積もりの提出から資料の依頼、経費精算や請求書の作成まで、日本ではエージェントが行ってくれる作業も全て自分でやる必要があります。

また日本では多種多様な仕事が数多くありますが、オーストラリアでは件数も少なく、種類も限られています。たとえば日本企業の現地子会社に本社から訪問者がある時の対応や、日本の省庁からの訪問、また姉妹都市関係を結んでいる県や市の代表者の州政府や公共組織への表敬訪問の対応などが主な仕事になります。私は個人的にあまり対応していませんが、病院や法廷など、公的機関から依頼される「コミュニティ通訳」なども一般的です。さらに限定的ではありますが、メルボルンが主催都市となって国際会議が開催される時などは、先輩方に混じって末席を汚す機会をいただくこともあります。

プリンター

こういった国際会議はエージェント経由の場合が多いのですが、海外のエージェントで一般的であるように、資料の印刷などは基本的に自分たちで行います。自分の使いやすいような大きさで必要な部分のみ印刷できますし、効率的ではあるのですが、案件によっては数百ページの莫大な資料になります。印刷用紙の枚数も使用するインクの量もハンパではありません。

ギリギリになってサーバーにアップロードされた資料を印刷していたら途中でインク切れになって、泣く泣く自転車で閉店間際のOffice Worksに駆け込んだり、途中でどのセッションまで印刷して、どのセッションがまだなのか混乱して無駄に印刷したり、後から抜けていることに気づいてがっかりすることも多々あります。

こんな時は、夜遅くなってもバイク便で資料を送ってくれる日本のエージェントが心底恋しくなります。現場までの地図の提供や、各セッションの担当通訳者の事前割り振りといった「日本流おもてなし」的なエージェントサービスは期待できません。その分、自由度が高い面もあるかもしれませんが。

エバレット千尋さん
Profile/

フリーランス通訳者。インターナショナル美術専門学校を卒業後、設計事務所に就職。通訳スクールの受講を経て、1994年よりフリーランス通訳者・翻訳者として独立。1997-98年にクイーンズランド大学大学院日本語通訳翻訳学科で学ぶ。帰国後、日本の通訳スクールにて講師を務める傍ら、フリーランス通訳者としての実績を積む。その後、外資系通信企業の役員付き通訳者を経て、現在は会議通訳者として活躍中。

バックナンバー