HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第4回】沖縄の通訳現場から

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第4回】沖縄の通訳現場から

今回、通訳リレーを依頼されている通訳者の中で、私が唯一の地方在住者ということですので、私からは地方の通訳事情について書いてみることにします。ただ、一口に地方といっても各地それぞれ事情が異なるでしょうから、あくまでも私が住んでいる沖縄の状況ということになりますが、大都市から離れた場所には何らかの共通点があるかもしれませんので、首都圏以外の状況を知りたいという人にとって参考になれば幸いです。

沖縄

私は、東京の通訳学校に2年ほど通い、その間に先生や学校を介して通訳のお仕事も何度か経験しました。そのまま東京で本格的に通訳者になるという選択肢もありましたが、ちょうど通訳学校の区切りがついたところで、沖縄県庁で嘱託の通訳・翻訳官を探しているという話が舞い込んだので、いつかは沖縄に帰りたいと思っていた私は、「帰るなら今!」と、故郷へのUターンの決断をしたのです。

新米にいきなり大きな国際会議!?

首都圏と地方との大きな違いの一つに、社内通訳を雇うような国際的な企業の数があげられるのではないでしょうか。通訳になる道のりは、まずはインハウスの通訳から始め、経験を積んだらフリーランスになるというのが一般的だと思いますが、インハウスの通訳を雇うような企業は沖縄では限られています。

そんな中、沖縄県庁には、国際交流課と基地対策課に通訳・翻訳を専門とする期限付きのポジションがあります。これがまさにインハウスの通訳・翻訳にあたるものだったので、そこから始められた私は非常にラッキーでした。他の地方都市にも、似たような採用をしているところがあるかもしれません。また、外国人の多い大学や研究所の中にも、専門の通訳者を抱えているところがあるようです。

県庁で経験を積む傍ら、地元のエージェントに登録して県庁以外の通訳の仕事もするようになりました。通訳の仕事が沢山あって層が厚ければ、経験に応じて少しずつ難易度を上げていくという理想的なステップも可能なのかもしれませんが、仕事の数も通訳者の数も少ない沖縄では、私のような新米にいきなり大きな国際会議の同時通訳という仕事が舞い込んでくることもあり、果たして引き受けていいものかと思案することも度々でした。そんな時は、先輩通訳者が背中を押してくれました。

国際会議

県庁でも、初めて間もない段階で、知事、米軍高官、そして外務省・防衛局(現在は防衛省)の代表が顔を揃えるものすごく政治的な会議で、十数台のカメラを前にフラッシュを浴びながら通訳をさせられた時には、「こんな通訳学校を出たてのぺーぺーに通訳させて、あなたたち、本当にいいの!?」と心の中で叫んだものです。

例えて言うなら、調理師学校を出たばかりの料理人に、いきなり要人が列席する晩さん会での食事を担当させるようなものでしょう。おかげで、大失敗も沢山しました。極めつけは、アメリカの某元国務長官が来沖した際、県知事との会談の通訳をさせられたことです。

腐っても鯛、いや、引退はしていても超大物でした。「こんな人との会談の通訳を、なんで駆け出しの私に頼むのよぉ」と思いましたが、通訳というものを知らない県庁職員にはもちろん通じません。戦々恐々として臨みましたが、案の定、会話の中に出てきた中国の地名が訳せず、固まってしまいました。そういう時の対処方法も、当時はまだ分からなかったのです。

沖縄県内の他の通訳者とも、「易しい仕事か、すごく難易度の高い仕事かで、中間があまりないよね」と話しています。通訳は元々度胸の要る仕事ですが、段階的にステップアップしていくことが難しい中でキャリアをスタートさせるには、心臓が相当毛むくじゃらでないといけないようです。

分野を絞れない…。

県庁で通訳の経験を積んだ後、イギリスに住んでみたいという好奇心から留学し、帰国後に本格的なフリーランス通訳の仕事を開始しました。もちろんその時も、果たして沖縄でフリーランス通訳なんかして食べていけるのだろうかという疑問はありましたが、ダメなら東京に戻る覚悟で、とりあえずやってみることにしました。

すると、思っていたよりも仕事はあるものです。例えば、本社の外国人役員が沖縄支社の社員とタウンミーティングをしに来るだとか、海外の企業がIRミーティングに来るだとかといった需要もありますし、大学、自治体、米国総領事館などが主催する国際シンポジウムや講演会も結構あります。

玉城弘子さん
Profile/

フリーランス通訳者。東京の大学を卒業後、横浜で貿易会社や英会話スクールに勤務。その後オーストラリアで1年間のボランティア日本語教師を経験し、帰国後に通訳学校に通う。1999年に沖縄に戻り、県庁で英字新聞や調査報告書の翻訳および米軍関係者との会議の通訳などを行う。2003-2005年にイギリスのバース大学大学院通訳・翻訳コースで学び、2005年の帰国後よりフリーランス通訳。

バックナンバー