HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第5回】アメリカの大学院の通訳訓練法

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第5回】アメリカの大学院の通訳訓練法

モントレー

「通訳者になるためにどんな勉強をしたのですか?」

私がMIIS(モントレー国際大学院・現ミドルベリー国際大学院)というアメリカの海沿いの美しい町、モントレーにある大学院で通訳を勉強していた、という話をすると、通訳志望の方だけではなく、お客様からもこの質問をされることが度々あります。そんなときには、「企業秘密です」と笑顔でお答えするのが常なのですが、決して出し惜しみをしているからではなく、学んだことが余りにも多すぎて何からお話しすればよいかわからないからなのです。

今回は、そんな質問にあらためてお答えすべく、「企業秘密」の一部をご紹介いたしますので、通訳者を目指される皆さんの日々のトレーニングの参考になれば幸いです。

メモを取らずに3分間以上のスピーチを訳す

意気揚々と大学院に入学後、早速通訳の授業が始まるわけですが、初めの授業で先生からは「今から約2カ月間、メモは使いません。」という驚きの一言が。つまり、初めの2カ月は「通訳」ではなく、ただひたすら集中してスピーカーの言葉に耳を傾ける「アクティブ・リスニング(傾聴)」のトレーニングを行うのです。

アクティブ・リスニング

授業では、4~5分ほどの音声素材を、メモを取らずにじっと集中して聴き、音声が流れた後に「このスピーカーのメッセージは何だったのか」ということをつかめているかどうか確認する練習を繰り返します。

そのエクササイズに慣れてくると、次はメッセージだけではなく、そのメッセージを伝えるために、スピーカーはどんなロジックで話していたか、という点にも注意して聴く練習に移ります。

そうすると自然と「ああ、この人はこういうことが言いたいのだな」「このエピソードはさっきのメッセージの具体例として挙げているのだな」と頭の中で同時に分析をしながら聴くようになります。不思議や不思議、こうして分析を行いながら聴いたスピーチは、たとえ3分という比較的長い時間のものであるにもかかわらず、なぜか内容が思い出せるのです!それだけ深いレベルで理解している、ということなのでしょう。

そしてアクティブ・リスニングの仕上げとしての中間試験では、3分間のスピーチの内容を、メモをとらずにできる限り訳出することを求められます。このころには、ほとんどの学生は80~90%ぐらいを出せるようになっています。これは記憶力が向上したからではなく、「情報を処理しながら聞く」とう聞き方ができるようになったからなのです。

通訳を勉強中の皆さんも、リスニングの練習をする際、ただ漫然と聞くのではなく、「この人は何が言いたいのだろうか?」「このスピーチはどういう結論になるのだろうか?」と考えながら聞く練習をされてみてはいかがでしょうか。音声を聞いた後に頭の中に残っている情報量が段違いに増えていることにきっと驚かれると思います。そして、この「情報を処理しながら聞く」、というのが同時・逐次を問わずまさに通訳者が行っている聞き方なのです。

佐藤梓さん
Profile/

フリーランス会議通訳者。外資系消費財メーカーで、化粧品のブランドマネジメントを担当後、通訳者に転向。PR、広報、マーケティング、IR、法律を中心に、日本及び中国にて約10年の社内通訳・フリーランス通訳の経験を重ねる。2010年~2011年、モントレ―国際大学院(現ミドルベリー国際大学院)にて通訳翻訳を学ぶ。

バックナンバー