HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第6回】通訳者としてお役に立つために

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第6回】通訳者としてお役に立つために

通訳はライブ!

通訳は「お役に立ってなんぼ」の商売だと思っています。

会議通訳者をしていると、この仕事はライブだと感じます。聴衆の反応からその場で、お役に立てているかどうかが実感できる職業です。そういう職業はあまり多くないのではないでしょうか。そして、この特質は恐怖にも大いなる喜びにもなり得るものです。

学会

ある学会での通訳業務の終了後、通訳エージェントの方から「今日は通訳用イヤホンを途中ではずす聴衆がいなかった。前回はたくさんいた。」と言われました。この告白が会議の終了後で本当によかったです。先に聞いていたらお腹が痛くなっていたでしょう。その会議はQ&A以外は英語で行われており、基本的に通訳用イヤホンの利用者は日本語で発表を理解したい方々です。だからと言って英語を全く解さないという訳ではなく、日本語で聞く方が楽だからという方も多くいらっしゃいます。

つまり、日本語訳を聞いていても楽ではない場合に、前述のように「イヤホンを外して原語で聞く方々が出てくる」ということです。パートナーの通訳者が訳出している間はイヤホンで聞いていたのに、交替して自分が訳し始めたら次々とイヤホンを外す聴衆の姿が続出…。こんな状況を同時通訳ブースから眺めることになったらと想像するだけで、1リットルぐらい嫌な汗が出ます。これは恐怖以外の何ものでもありません。

では、大いなる喜びで仕事を終えるにはどうすればいいのか。私はたった一つの方法しか知りません。準備です。だから、精一杯準備をしてお役に立てるようにします。

備えあれば…。準備の切り口一考

様々な要素がありますが、準備のポイントについて次の切り口でまとめてみました。これは国際会議でもビジネス会議でも当てはまると思います。

  1. 聴衆を把握する。専門家か、一般聴衆か
  2. 発表者と主題に関する背景知識や関連情報を調べ、理解する
  3. 専門用語を調べ、用語集を作る。覚える
  4. 資料提供の有無を確認する。もらえるならいつ頃か。資料は何語か
  5. 発表者との事前打合せがあるか確認する
  6. 各発表者の言語を確認する。私の場合は日本語か、英語か
  7. その他

1が必要な理由は、専門家だけかどうかによって2以下の作業にも影響が出るからです。今回、このコラムを依頼された際にも編集部に読者層を確認しました。会議通訳の仕事でも同じことをします。専門家だけの場合は2の作業により多くの労力を割くことになります。なんと言っても、その場にいる素人は通訳者だけなのですから。特に初めての分野の場合、調べる情報も専門用語も増えます。その場合、準備を始めるタイミングを見極めることも大切です。ここで関わってくるのが4と5です。

当日の資料や関連論文などの参考資料を早めにもらえる場合、資料を待って開始する方が的を射た準備ができるでしょう。直前までもらえないことが分かっている場合は、会議の主題や発表者の名前をたよりに、資料を待たずに調べ始めます。担当する発表者の過去の動画を見つけられることもあります。発表者の話し方が分かるだけでも心の準備ができます。

初めての分野であっても、発表者と事前の打ち合わせが組まれていれば、自力で調べるのが非常に困難なことをリストにまとめ、当日確認することで準備を効率化できます。ここで肝要なのは本当に調べきれなかったことだけを質問リストにするということです。簡単に調べられることを尋ねるのは、自分の準備や理解が足りないことの証明となり信頼を得にくくなります。

稲垣富美子さん
Profile/

フリーランス会議通訳者。大学卒業後、公立高校の英語教諭となる。その後、レジャー関連企業にて企画担当、外国人ビジネスマン向け日本語コース講師、大手外資系企業でバイリンガル秘書等を経験。2000年、通訳者に転身。社内通訳者を経て2010年、フリーランス会議通訳者として独立。世界のビジネスリーダーの通訳を行う。通訳者養成講座講師としても活躍。

バックナンバー