HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第7回】フリーランス通訳になる前に知っておきたい知識

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第7回】フリーランス通訳になる前に
知っておきたい知識

私は東京出身、大阪在住の駆け出し会議通訳者です。去年まで関東の外資系企業に勤める社内通訳でしたが、夫の仕事の都合で大阪へ引越しフリーランス通訳になりました。フリーランスになる前は、守られた会社員生活を離れる不安もありました。幸い、フリーランスで働くために必要なビジネス知識をある程度持っていたため転身する決心がつきました。

この知識は、米国カリフォルニア州にあるモントレー国際大学(現在のミドルベリー国際大学院モントレー校)で会議通訳を専攻していたころ受講したTranslation & Interpretation as a Professionという授業で得ました。日本語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語、韓国語の通訳プログラム生の合同授業で、ヨーロッパや北米をベースに稼働するフリーランス向けの内容が主でしたが、日本の市場にも充分応用できる内容でした。

今回のコラムでは、フリーランス通訳者になりたい方に向け、この授業で学んだフリーランス通訳のためのビジネス関連ノウハウを一部紹介させていただきます。一般的には、通訳学校卒業後、現場の経験を積む中で自ら徐々に学んで行く内容だと思いますが、フリーランスデビューする前に知っておいた方が落ち着いて現場に挑めるのではないかと思います。ただ、この内容は、あくまで私が学生時代に学んだ内容と個人の経験に基づいたものです。状況によっては適切でない場合もございますが、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

ここからは、スケジュールの問い合わせから会議を終えて報酬を受け取るまでの流れを時系列に沿って紹介します。

◆会議前

ステータスの定義:

スケジュール帳

会議に関する問い合わせを受けたら会議ステータスを必ず確認しましょう。ステータスには、①スケジュールの確認(availability inquiry)、②仮案件(option)、③確定案件(firm offer)の3種類があります。ステータスが不明瞭の場合は確認し、スケジュール帳に案件ごとのステータスも入れておくと便利です。

①スケジュールの確認
通訳者の都合に関する問い合わせであり、仕事のオファーではありません。日程が空いていると返答しても、その日時を押さえておく義務は発生しません。

②仮案件
未だ確定されていない案件。仮案件を請けた場合、その日を約束したクライアントに優先権があります。仮案件を入れた日に確定案件のオファーがきた場合は、仮案件先の担当者に連絡し、ステータスに変更はないか確認を入れましょう。仮案件からリリースされない限り、他の案件を請けるのは避けましょう。

③確定案件
口頭・文面に関わらず、いったん確定案件を請けると、クライアントと通訳の間に拘束力のある約束を交わしたことになります。直請けの仕事の場合、この時点で契約書や守秘義務契約を交わします。一度、確定案件を請けた後、同じ日時により魅力的な別件が舞い込んだ場合でも先に請けた会議を断らないでください。プロとしての倫理を守りましょう。また、1日に2件の仕事を請ける場合は、前の会議が伸びることも想定し、時間には余裕を持って次の仕事を入れると良いでしょう。ダブルブッキングは絶対に避けます。キャンセル規定は、案件が確定してから適用されます。

万が一、一度受けた確定案件を担当できなくなった正当な理由がある場合は、なるべく早くクライアントに連絡しましょう。直請けクライアントの場合、穴をあける会議を担当できる適切な通訳者を確保した上でクライアントに連絡するのがベストです(この時点では、クライアントの了承なしに会議の詳細を代理通訳者に伝えないこと)。

確認事項:

当日、困らないために以下の内容は事前に確認しておきましょう。

  • 日時、場所、拘束時間、延長の可能性
  • 当日の緊急連絡先:開催者やエージェント、パートナーの携帯番号など
  • 会場スタイル:壇上で逐次通訳か後方ブース内かなど、通訳席からの視認性
  • 会議の内容、話者の肩書
  • 資料の有無:ある場合、準備時間を確保できるように入手
  • ブリーフィングの有無:会議日と異なる場合は報酬の有無
  • 通訳モード:逐次・同時・ウィスパリングなど、遠隔か(電話・ビデオ会議)
  • パートナー体制:何名体制か、リーダーは誰か
  • 機器の有無:生耳か、機材の種類、ブースの有無など
  • リレーの有無:ある場合、言語、ピボット通訳を務めるか、チーフは誰か
  • ドレスコード:建設現場ならヘルメット・安全靴持参か、夜のパーティーなら黒ドレスか、など
  • 通訳は録音・録画・放送されるか、映り込みの有無
  • 通訳報酬、延長料、移動拘束料、交通費、宿泊費、日当、消費税、源泉徴収など
  • 支払い方法、期限
マイヤーズ若菜さん
Profile/

会議通訳・医療通訳・放送通訳者。
上智大学比較文化学部卒業後、外資系製薬会社に入社。社内通訳として採用されるも「現場の仕事を理解せずして通訳は務まらぬ」と言われ、1年間におよぶ新卒者向けMR研修を受講。都内大学病院担当MRを半年勤めた後、本業である通訳職に異動。

その後、大手数社の社内通訳を勤めたのち、米国モントレー国際大学の会議通訳修士号を取得しフリーランス会議通訳者に転身。大学院留学中、スタンフォード大学病院の院内医療通訳インターンとして200時間を超える専門トレーニングを受ける。帰国後も現場の医療通訳を継続。現在は、フリーランスとして医薬・エンターテイメント・放送・ビジネスなど幅広い分野で活躍中。英語教育の普及にも力を入れている。

バックナンバー