HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第8回】パラスポーツ通訳

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第8回】パラスポーツ通訳
~大分国際車いすマラソンで学んだこと~

2020年に東京オリンピックを控え、英会話レッスンを再開したり、通訳を目指して勉強を始めたりする人が増えているそうです。私もそのうちの一人。ただ、通訳学校の申込時に「オリンピックを目標にしている人は多いけれど、パラリンピックのために、という人は初めて」だと言われました。私にとってオリンピックはニュースで結果を知る程度。一方のパラリンピックは、陸上競技となると特に、選手が開催国入りする頃からSNSで動きを追い、各選手のコンディションも気になるほどのめり込みます。友達が4年のあいだ目標にしてきた大会にいよいよ出場すると思うと、そわそわしてしまうのです。

パラリンピアン

私がパラスポーツと出会ったのは2001年。大分市で毎年、開催されている大分国際車いすマラソンを手伝わないかと誘われたのがきっかけでした。当時、フランス語圏から出場する選手の数が増え、フランス語が出来るボランティアを通訳グループが探していたのです。外国語は話せるけれど通訳の経験は数える程しかなく、車いすの知識もない。大分では誰もがそんな状況から語学ボランティアを始めます。大分市内で育った人には車いすマラソンは秋の風物詩で、子どもの頃から観戦しているもの。しかし県南で育った私はレースを目の当たりにしたことがなく、ぼんやりと、フランス語を使うチャンスが貰えるのなら、という感じで通訳グループへの参加を決めました。

毎月のミーティングや車いす研修を通じて、少しずつ大会組織や運営方法を理解し、障がい度による可動部位の違いや、車いすの段差移動介助、リフトバスの昇降介助など、必要な知識を学んでいきます。ボランティア一年目は先輩達の動きを観察し、選手達の要望を聞きながら見よう見まねで動きますが、できないこと、気づかないことがたくさんあり、数年ボランティアを続けなければ本当の意味でサポートできないことがわかってきます。

「車いすマラソン」って何?

車いすマラソンの歴史を、少しご紹介します。大分国際車いすマラソンは国際障がい者年に始まり、今年で36回を数えます。イギリスで障がい者スポーツの重要さを感じた中村裕医師が「保護より機会を」と訴えて始めたものです。車いす限定の、世界で最も出走数の多い大会で、毎年国内外の強豪選手が集います。このマラソン観戦をきっかけにパラスポーツを始めようと思い立つ選手や、大分大会を目指して練習を積む一般ランナーも多く、注目度は年々増しています。

大分国際車いすマラソン

200~300名が号砲を待つスタートラインは、壮観です。42.195キロの沿道は観客で埋まり、選手によれば、レース開始からフィニッシュまで絶え間なく応援や歓声が聞こえるそうです。大分県が主催。公式スポンサーもつき、30回大会からは、車いすマラソンをプロスポーツとして認識しようという動きが起こり、賞金レースとなりました。男女とも障がい度によって、T53/54, 52, 51と三つのクラス分けがあり、一つ障がい度が上がると、可動部位が大きく異なります。T51の選手達は、通常なら寝たきりになってしまうほどの重度障がいを抱えながらレースを続けています。

もちろん、クラス別にランク付けや表彰が行われます。現在は、IPC(国際パラリンピック委員会)公認大会となり、大分での記録は国際記録として認定され、パラリンピック選考にも適用されます。

車いすについても、触れてみます。街で見かける車いすユーザーは、日常生活用の「デイリーチェア」に乗っています。しかし、マラソンやトラック競技には「レーサー」と呼ばれるレース専用の車いすを用います。36年前は日常生活用車いすでハーフマラソンを走っており、完走するのも大変だったと聞きました。

現在はレーサー開発に日本の自動車メーカーも参入し、チタン等で軽量化したレース用車いすも見かけます。日本製のレーサーは自動車と同じくらい高価ですが、とても人気が高く、トップクラスの選手にはスポンサー契約がつき、無償でチェアが提供されることもあります。性能の良さと調整の細やかさが口コミで広まり、国内メーカーは年々シェアを伸ばしているようです。彼らにとって大分大会は大切なプロモーションや受注の場でもあります。

マラソンの前後には、大分市中心部は車いすユーザーで溢れかえります。道路や公共施設、レストラン等のバリアフリー問題は徐々に解消されつつありますが、いわゆる「人力バリアフリー」に頼ることもあります。練習場となる河川敷は、ボランティアが小石を拾い、コースコンディションは県の道路課が丁寧に整えてくれます。コースは海沿いの通りが多く、海風は強いのですが比較的平坦なため、いくつもの世界記録が生まれました。市民から愛される国際車いすマラソンは、企業ボランティア、学生ボランティアも毎年参加し、大会を近くで見守ります。

池田裕佳子さん
Profile/

大分国際車いすマラソンボランティア通訳。大学卒業後、フランスへ留学。大分で、ALTや外部講師として公立学校に勤務。2004年に英語教室を立ち上げ、幼児から大学受験まで一貫した英語教育に取り組む。大分県グローバル人材育成推進会議委員、及び、大分大学附属小・中学校英語指導アドバイザー就任。

東京五輪開催決定を受けて上京し、外資系スポーツ用品メーカーに社内翻訳・通訳として勤務。東京マラソン車いすの部の国際化や、パラリンピックに向けた企業・団体の活動をサポートしながら、東京と大分を行き来している。

バックナンバー