HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第9回】通訳者としてお役に立つために

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第9回】通訳者としてお役に立つために

医療に関する通訳―広がる選択肢

血液検査

「次は血液検査ですから、採血します。チクッとしますよ」

「息を吸って、吐いて。今度は深く吸って、一生懸命吐いてください」

「臨床試験では10例が終わって、自由診療に移る前にまず、先進医療Bの申請を提出する予定です。来週厚労省でアドバイスを受けます」

「その認証を取得するためには審査が必要で、全文書で140以上あり、現場でどのように運用されているかの審査も行われます」

自分がこのような言葉を通訳する姿を想像したことはありますか?医療通訳の現場では上記のような言葉が飛び交います。

最近、「医療通訳」という言葉をよく耳にします。関連する本を読む機会も増えています。厚生労働省が医療ツーリズムや医療通訳者養成コースなどを推進する一方、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて医療通訳の需要は増大すると言われています。

それでは実態を見てみましょう。

まず、病院内の通訳ですが、残念ながらこちらはそれほど明るい未来が予測できません。私は医療通訳者として都内のさまざまな組織に登録していますが、実際に患者の通訳に呼ばれたのは過去4年間でたった2回だけです。その2回とも患者は受診した病院のトップの友人で、わざわざ実費で来日して受診したほどでした。

ハードルの一つはコストです。アメリカの場合、Medicare(アメリカの高齢者および障害者向け公的医療保険制度)やMedicaid(アメリカの公的医療保険制度の一つ)、その他の政府による助成を受けている病院やクリニック(つまりほとんどの医療施設)は、患者が通訳を頼んだら医療施設がそれを無料で(すなわち、患者に請求せず)提供することが法律で義務付けられています。

そのため、医療通訳の需要が非常に高いのです。多くの病院はその需要を満たすため、エージェンシーを通じて電話通訳を使っています。私も、4、5年ほど電話通訳を務めました。病院にとっても、患者や通訳にとっても、理想的な解決策にはなりませんが、一応通訳を提供する義務が果たされ、患者・医者間のコミュニケーションが進みます。

一方、日本には同様の法律がありません。医療通訳のニーズは皆無に近い状態です。病院は通訳を提供する義務がないし、患者はわざわざ通訳代を払う気もないからです。私が登録している会社では、通訳料金は1時間5,000円で請求されます。それを払うより、ほとんどの患者は友達や家族の人に同行してもらっています。

もう一つのハードルは、英語の需要がほとんどないことです。日本での医療通訳は中国語の需要が非常に高く、ベトナム語や韓国語もある程度のニーズがありますが、英語圏の患者は非常に少ないのが実情です。

医療通訳の仕事は院内通訳だけじゃない

それでは、医療業界に関わりたい通訳者はどうすればよいでしょうか?

幸い、他のところで医療の専門知識を必要とする仕事がいくらでもあります。

外資系企業の臨床研究

その一つは、外資系企業が日本で実施している臨床研究です。機器メーカーや製薬会社は日本で販売する認可を取得する(というより、その治療や薬剤が保険の適用になる)ためには臨床試験が必要です。そこで、外資系企業の担当者と日本人医師やスタッフの間のコミュニケーションを支えるのが医療を専門とする通訳です。臨床試験が全国各地、複数の施設で行われる場合が多いため、通訳も外資系企業のスタッフと一緒に全国を飛び回ります。この仕事は長期にわたって必要とされます。

ケイト・スイフトさん
Profile/

通訳者・翻訳者。25年以上フリーランスで通訳・翻訳に従事。大学では音楽とドイツ語を専攻。大学を卒業した後に日本語に対する興味が沸き、7年ほど独学。

1984年に来日し、英会話学校講師、大手電機メーカーにて社内英会話講師、翻訳・通訳、翻訳会社の社員等を勤めた後、独立。現在は、医学関係や製造、ビジネス、半導体、経済など、幅広い分野で活動中。

バックナンバー