HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第12回】お悩み別、通訳者のためのガジェット活用・仕事術

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第12回】お悩み別、通訳者のための
ガジェット活用・仕事術

はじめに

「通訳のトビラ」を開けてこの世界に足を踏み入れたばかりの方々が日々抱える数々のお悩み。今回はその中から三つを取り上げて、通訳界のガジェットヲタク?!がアプリや便利グッズの活用で一発解決します!

お悩み1「もっと仕事が欲しい!」

迅速に返信する

スキルを磨き、仕事の幅を広げたり、リピーターを増やしたり。時間はかかりますが、仕事を増やす道のりとしては、これが理想ですよね。でも実力が今のままで、たった一つ変えるだけで仕事が目に見えて増える簡単な方法があるのです。それは「派遣会社のメールに必ず5秒以内で返信すること」。正確には「メールを見たら」または「手が空いたら」5秒以内。大切なのは、断りの連絡もOKの返事と同じように迅速に返信することです。しかも相手がビックリするくらい速く。

これを1カ月も続けると「あの人に聞けばすぐ結果が出る」というイメージが浸透します。「いつも迅速なお返事ありがとうございます」と返ってくれば、しめたもの。派遣会社のコーディネーターも人の子、早くその件を片付けて次の仕事に移りたいのです(笑)。同レベルの誰がやっても良いような仕事は真っ先に回ってくるようになりますよ。

こんな時に便利なのが、スマホのユーザー辞書。固有名詞を登録する方も多いと思いますが、かなりの長文にも対応可能なのです。例えば「あいてる」と入力するだけで「いつもお世話になっております。お問い合わせの日程(*日付を入力)空いておりますよ。用件のみで恐縮ですが何卒よろしくお願い致します」こんな長い文も変換候補から選ぶだけで一発入力!このほか「別件と重なって請けられない」「至急確認します」など、色々なパターンを登録しておけば、丁寧なメールも文字通り5秒で返信できてしまいますよ。

お悩み2「スケジュール管理が大変!」

フリーランスになると、毎日たくさん仕事の問合せや連絡のメールが届くようになります。「仮」の問い合わせにOKしたと思ったら、同じ日に指名のリクエストが入ってきたり。案件がキャンセルになったり復活したり、場所や日時が変更になったり。そんな中、ダブルブッキングや、場所・時間の間違いなんて絶対にあってはならないし、収入に直結するから予定に穴はあけたくない。スケジュール管理って本当に大変ですよね。

予定をスマホのカレンダー機能で管理している方も多いと思います。メールの日付をクリックするだけでカレンダーに登録できて便利ですね。でも、その仕事の連絡事項が書かれたメールを後から確認したくなった時、過去のメールの山から探し出すのは一苦労。

そこでお勧めなのが、メールアプリの「スヌーズ」機能です。仕事のメールを前日の正午などでスヌーズ設定しておくと、その時刻にメールが届くとともに、スヌーズボックスから自動的に削除されます。だからボックスに残っているのは常に今後の仕事のメールだけ。しかもスヌーズを設定した日付順、すなわち業務日の順に表示されているので超便利なのです(キャンセルやリスケされたら削除や再設定を忘れずに!)。

平山敦子さん
Profile/

会議通訳者。得意分野は軍事、司法、IT、自動車など。著名人の講演通訳も多数。学生時代にアルバイトでプロ通訳者の仕事ぶりを目の当たりにし、これこそが目指すべき道と決心、今日に至る。

通訳界では知る人ぞ知るガジェットおたく。「ガジェットは通訳者にとって邪道ではない。鍛えぬかれた兵士だからこそ最高の装備を!」の信念のもと、通訳パフォーマンスを最大化してくれる優れモノの道具を求め日々研究中。

バックナンバー