現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第13回】社内通訳という道

社内通訳者という仕事

皆さんは通訳者という仕事を考えた時どんな姿を思い浮かべるでしょうか。

国際会議でスピーカーの声をブースから訳している会議通訳者。海外の要人の横で政治や経済の話をウィスパリングで訳している通訳者。ハリウッドスターのインタビューを訳している通訳者。上記のような通訳者が花形と思われることも多く、社内通訳者はあまり日の光の当たらない、地味な存在だと思われがちかもしれません。

しかし多くの外資系企業が日本に進出し、同時に日本企業が海外進出を行う今日では社内通訳という仕事は円滑な経済活動を進めるためになくてはならない職務です。今後TPPの妥結でグローバルな経済活動がさらに活発になって行けば社内通訳者の需要は高まっていくであろうと思われます。

社内通訳者

なぜ企業は社内通訳者を置くのか

企業が社内通訳者または通訳チームを配置するかどうかの選択は主にコスト、クオリティー、効率によって決められます。

まずはコスト面ですが、フリーランスやエージェントを介して通訳者の派遣を行う場合、コストは1名1日5〜10万円くらいが相場となります。それに対して社内通訳者の年収の相場は500〜1,000万くらいですので、年間100日以上は通訳者を必要とする企業であれば社内に通訳者を配置することによるコストメリットがあります。

クオリティーに関してもその企業の仕事や社員に慣れている通訳者の方がより正確に話の流れや意図を理解して訳すことができるため、企業としては重宝されます。また、社内通訳は一般的には翻訳も行い、常駐しているため緊急会議などにも対応ができるため、展開の速いビジネスに効率良く対応することができます。

土井拓さん
Profile/

フリーランス兼社内通訳者。カナダ人の父と会議通訳者の母を持ち、日本で育つことで英語、日本語、両言語のネイティブとして育つ。フリーランス会議通訳者の姉の勧めで2010年に通訳の道に転身。広告代理店で5年間社内通訳者として勤めた後、2015年末から専門性を確立するため損害保険会社に転職。通訳者及びコーディネータとして勤務しつつ、さらに活動の幅を広げるため2016年4月から業務委託契約に変更し、フリーランスの通訳者、翻訳者、英文コピーライター、ナレーターとして活躍する。

バックナンバー