現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第15回】北欧ノルウェーに住んで

皆さん、はじめまして。北欧ノルウェーのオスロ市に住んでいる木村博子です。日本国内や英語圏内にお住まいの方々は、通訳や翻訳といえば、主に日英、英日だと思われているかもしれませんが、英語圏外に住み、多様な言語社会に生きている私達の状況はかなり違っています。

ノルウェーでの私の最初の通訳体験は、まだオスロに来て間もない頃でした。

ある会議での通訳を依頼されていた通訳者の方が、直前になって都合が悪くなったということで、当時オスロにあったJETRO Officeの方から私宛てに声がかかりました。ご相談を受けて「やってみましょうか」などと気軽に引き受けてしまったのですが、すぐあとに両国の経営者連盟間の交流のための会議という重要な会議だと知ってびっくりしたことを覚えています。

幸い、楽しい体験になり、その後もいろいろなお手伝いをさせていただくようになりました。乳母車持参で大学での講義をしたり、子どもを背中におんぶして講演を聞きに行ったり、ビジネスの打ち合わせに幼児を連れて絵本を読ませながら仕事をこなせたのは、やはり女性にやさしいノルウェーだからこそできたのだろうと思います。

ノルウェーの言語状況

国のことばは「ノルウェー語」なのですが、実はその名の下に最低3つの公式の言語があります。第一に、オスロや首都圏を中心として私達が話しているbokmaal(ブークモール)という言葉がありますが、これを「標準語」とはよびません。次に、西海岸地方の郷土愛・民族意識のシンボルであったnynorsk(ニューノーシュク)、さらに、samisk(サーミスク)と呼ばれる先住民族の人たちの言語も国語の一つです。

これに加えて、スカンジナビア諸国には、連合王国の歴史、北欧圏内の協力体制や交流があり、隣国意識や言語・文化の共有感もあります。それ故、外国語であるデンマーク語やスウェーデン語も「お隣りの言葉」あるいは「わかりにくい方言」のような感覚で受け入れられています。従って、通訳でも翻訳でも、社会で使用されているこのような多数の国語や隣国の言語は、相互に理解可能で、共存しています。残念ながら、日本のアイヌ語に相当するサーメ民族の言葉は、私は不勉強でまだ理解できません。

ノルウェー王国の首都 オスロ市
ノルウェー王国の首都 オスロ市

国営放送NRKでは、同権・非差別という観点から、このような複数の国語を相対的なバランスをとって使用することが義務付けられています。先住民族サーメの人たちの言語は、特に北極圏内の地方で学校教育の幼稚園・児童教育カリキュラムに統合されていて、独自のサーメ議会も大学もあります。国営放送にはサーメの子ども番組もラジオニュースもあります。この国のジャーナリストたちは外国語、ロシア語やスペイン語なども流暢で、その言語能力と文化への洞察力により、信頼性のある高品質の記事や報道を提供してくれています。

また、児童番組等の例外を除いて、外国語でもなるべく吹替えをしないで、オリジナル言語のままで流し、それに字幕翻訳をつけたり、聴覚障がいや弱視の対応などもしています。それにより、世界の中ではノルウェー語以外の言葉が使われているのだということを社会全体が実感し、次世代となる子ども達もそれを体験しながら「外向きに」成長していきます。かつて私がNRKで字幕翻訳のお手伝いをしていた頃の上司は、各国の言語だけではなくて、手話やテキストテレビなど、いろいろな障がいのある人も情報にアクセスができるようなツールを増やしていくためのコミュニケーション手段を重視されていて、日本でもその講演をされました。

「みんなのための町 (Byen for alle)」というモットーには、その根底にユニバーサル・デザインの背景にあるコンセプトや理念が存在するようです。これは、運動機能低下や障がいのある人や車いす利用者のためのエレベーターや設計・建築だけに限らず、情報・空間・活動・教育・就職・能力開発等の機会に「平等にアクセスできる権利という人権」を確認し、みんなが人間らしく生きて幸せな空間を創造するための、インフラ構築や都市設計まで含めた観点なのです。社会にはそれを提供すべき義務があり、誰でも差別なくアクセスできるような社会を構築することにつながる人権保護の一環なのだと、私は理解するようになりました。

また、アクセスできる機会を提供する義務を法律で明文化することにより、平等で多様な言語社会の構築が社会の義務となり、それをしないことが違法行為とみなされるようになるので、通訳経費も含めて、その合法化対策のための予算がとりやすくなります。その過程で言語のバリアとそれに伴うリスクを少なくし、コミュニケーションを成立させるのが、私達通訳者・翻訳者・言語プロフェッショナルの役割でも、大きな責任でもあるのです。

木村博子さん
Profile/

英語圏での留学(宗教史、哲学専攻)の後、ノルウェーに37年以上在住。現在は、現地邦人のフリーランス・個人企業として、日・英・ノルウェー語を主要言語とするlanguage professionalを務める。国家公認翻訳者(ノルウェー語→日)、オスロ市公認ガイド。

通訳業の中には、会議通訳、VIP同行通訳、各種視察・取材のコーディネーターを兼ねたものも含む。そのほか、イベント司会や日・英・ノルウェー語での記事執筆、講演も行う。2015年にオスロで公共部門の通訳学、2016年はロンドン・メトロポリタン大学での通訳セミナーの受講等、継続して研鑽を積んでいる。

バックナンバー