現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第16回】遅れてやってきた通訳者

通訳者になろうと思い立ったとき、50歳と数カ月になっていました。

学校を出てから日本の企業で28年間転職することもなく働いていましたので、通訳者になることはキャリアの大きな変化になりました。私と同じような経歴の通訳者にはまだ直接会ったことがありません。通訳学校のことや仕事との出会いなどで、少数派として何か参考になることをお伝えできるかもしれないと思い、このリレー・コラムを書かせていただきます。

まず少数派通訳者の経歴を少し。空調設備の設計・施工をする企業に入社し、会計、その後給与計算や人事を担当しました。会計担当の時に英領香港(当時)に3年滞在し、インターネットもない時代でしたのでほぼ英語だけの生活となり、これがきっかけで帰国してからも英語の学習を続けました。

CAREER

会社勤めもやりがいがありましたが、50歳を過ぎてから少々行き詰まり感がありました。60歳、あるいは65歳になったときに自分がどのような仕事をしているのか具体的なイメージがつかめなかったのです。他人よりも少しは得意な英語を使って何かできないか。翻訳や通訳を仕事にする可能性を考え、インターネットでいろいろと調べてみました。

社内で講師をしたりトーストマスターズ活動でスピーチの練習をしたこともあって、人前で話すことに強い関心があること、翻訳と違って通訳では首都圏在住がそのまま競争優位になることから通訳の道に進んでみようと決意しました。

起業していた友人二人は強く賛成してくれましたが、会社勤めの友人は全員かなり懐疑的でした。自営業者と会社勤務者ではリスクを取る感覚が違ってくるのでしょう。一時的に収入が落ち込んでも、仮に70歳くらいまで現役で働けばトータルではさほど損はないのではないかと考えました。今思うとなぜそれだけ楽観的だったのかよくわからないくらいです。勤務先でお世話になった方々が50代・60代で亡くなることが続いたり、東日本大震災があったことも「したいことがあれば、今、しておこう」という決心につながったと思います。

通訳学校を選ぶ暇などなかった

通訳者になれる可能性があるかどうか、数週間、いろいろと調べる日々を過ごしました。直接知っている職業通訳者がいなかったので情報集めはインターネットの検索が中心でしたが、そこで40代、50代から通訳を始めた人が実際に存在することがわかり、大変励まされました。これは試してみる価値がありそうだと決意しました。

仕事を獲得できるようになるためには通訳エージェント併設の通訳学校に通うのが早道だという情報が多かったので、通学を検討しました。たまたま英語の学習仲間が通訳学校に通っていることを知り、学校名を尋ねてみました。その方の英語の実力はかなりのものでしたし、自ら起業した会社の経営者として多忙でもあり、その方が「良い」と言えばまずまちがいないと思ったからです。私も企業勤務のため多忙であちこちの学校を検討する時間はなく、なにより「学習するのは本人で、学校は(おそらく)どこでも大差ない」と思っていました。

こうして 2012年の4月からインタースクール東京校に通い始めました。この時点で50歳でした。

受講前にレベルチェックを受け、「会議通訳本科」の一番下に入りました。「準備」や「基礎」、「入門」という段階に案内されるようなら英語力の点で問題だと思っていたので、まずまずの開始です。一学期の半年間も私の年齢としては貴重です。少しでも修了に近いクラスに入りたいと思ってのスタートでした。

これは職業訓練

50代という年齢が学習の大きな支障になるとは考えていませんでしたが、学習の後に通訳者となって生計を立てるだけの収入を得られるかどうかは心配でした。種をまいて育てて、そこで終わりでは困ります。果実を手にしなければなりません。うまくいかない場合の見切りをどこでつけるか。学習を始めてから2年半でプロの通訳者としてエージェントの名刺を持って仕事に出よう、それができなければ撤退しよう、そう決めました。

通訳訓練

弁護士になるために通う法科大学院は2年または3年、競輪学校の在学は1年未満。通訳訓練の期間も専業ならこのくらいの期間が節目だろうと思います。集中して学習するため、通訳学校に入学した半年後に勤務先を退職しました。フルタイムで働いていてはとても無理だと感じたからです。相当危険な賭けですが、何かをしようと思ったら何かを手放す必要があるのではないでしょうか。英語がそこそこ使えますし、企業内社会保険労務士として8年間登録していた専門性もあるので、もし通訳者になるのが無理でも年収大幅ダウンの契約社員としてなら再就職できるのではと(甘くも)考えていました(「考え直してウチの会社に来い」というお誘いもいただきました)。この歳になると健康や家族の理解・支援、家計の状態を考え、退路も含めて慎重に判断する必要があると思います。

通訳学校では半年ごとのコースで連続3回進級しました。学習の過程は人それぞれですが、通訳学校の入門レベルで思ったように進級していかないとすれば、主な原因は通訳技能ではなくて、「外国語(英語)を取り込む力」・「英語で表現する力」が十分ではないのかもしれません。英語の能力と通訳技能の両方を同時に高めようとするのはあまり効率的ではない気がします。英語の力があれば自分が出した訳の良し悪しがわかるので、通訳訓練も効率が良いものになります。

白倉淳一さん
Profile/

フリーランス通訳者。大学卒業後、建設設備企業で会計・労務管理・人事を担当。在職時に社会保険労務士資格を取得。通訳学校に通い始めて半年後、2012年に勤続28年で学習に専念のため退職。

2年経過後からフリーランス通訳者として稼働を開始。エネルギー、公共インフラ、企業会計、ITの通訳経験が多いが、範囲を広げようと鋭意活動中。

バックナンバー