現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第17回】社内通訳の世界

update:2016/12/01

私は現在フリーランスの通訳者ですが、過去に数多くの企業で社内通訳をしてきたことから、「社内通訳とは」というテーマでコラムを書いてほしいという依頼をいただきました。多様な通訳業界の中で、私が経験したこと、また他の通訳者から聞いた話などもふまえて、社内通訳とはどのようなものなのか述べたいと思います。社内通訳に特有でない事例もありますし、また、同じ企業でも、通訳体制やニーズが変わることもあるので、あくまで個人的な経験に基づいた内容になります。

通訳者になった経緯

予備校で国語科講師を勤めた後、日本語教師に転向するとともに英語教授の資格を取得しました。日本語・英語教室を経営する傍ら、生徒さんの事業やNPO等で通訳を経験する機会があったことから通訳という仕事に興味をもちました。そこで様々な派遣会社に登録をして通訳ポジションを探したところ、運良く自動車メーカーの社内通訳者として採用されたのです。その後、別の製造業での通訳・翻訳者を経て、ヴァレオというフランスの自動車部品製造会社の社長付通訳、マクドナルドジャパン、IBMジャパン、ボシュロム・ジャパンの社長付通訳、小売のイオンでの役員付通訳を経験しました。

社内通訳とは?

社内通訳といっても様々な形態があります。雇用形態だけの話ではなく、プール制か、部署付きか、個人付きか、社内通訳者は一人のみなのか、他の社内通訳者と組んだり、フリーランスと組んだりする機会があるのか、さらにはブースの有無、日英・英日の割合などです。

社内通訳

私の場合は、月に一週間ほど国内出張に行ったり、数ヶ月に一回海外出張があったりと、移動頻度の高いポジションが多かったように思います。社内通訳者が一人の場合、結果的に長時間通訳することもある反面、多様な通訳経験ができることもあります。学会中の講演などを訳す機会が多くあったのは後に役に立ちました。一方、パートナーと組む機会が日常的にある場合は、パートナーとの働き方を学べますし、組んだ通訳者から学ぶことも多くあります。

社内通訳とフリーランスの違いはあるか?

個人差があると思うので一概には言えません。社内通訳の場合は、例えば、ある講演の通訳をすることになっている場合、プレゼン資料の準備のための会議で通訳をしたり、本番までに演者と何度も打合せをしたりする機会もあるかと思います。

フリーランスの場合は、同じ会社に勤務しているわけではないので、仕事をする場所もほぼ毎日違いますし、対応する案件も日々様々です。スピーカーとの打ち合わせがないこともあれば、あっても短時間ということもあります。社内通訳者の場合は、雇用条件によって若干の差はあるかもしれませんが、月曜日から金曜日の9時?17時など勤務時間が決まっていて、勤務時間の中で会議準備をするのが基本です。

中村いづみさん
Profile/

会議通訳者。日本語教師・英語教師として自らの教室を運営した後、通訳者に転向。マクドナルド、IBM、ボシュロム、イオン(小売)、自動車・製造業等での社内通訳を経て、独立する。医療機器、製薬、技術、エンターテイメント、アカデミアなど幅広い分野で活躍。

バックナンバー