現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第18回】感性を活かした通訳:クリエイティブ業界の場合

update:2017/01/10

クリエイティブ業界で社内通訳を始めた時から意識していたのは、自らの感性を支えに通訳することでした。自分にとって感性とは、英語を習得する前に、音楽を通して培ってきたものであり、語学分野への進路を選ぶより前、バイオリン演奏における訓練を通して身に付いた感性こそが、通訳業務においてパフォーマンスの支えとなってきたのです。通訳キャリア第1章となったクリエイティブ業界での通訳経験と、その支えであった感性について、振り返ってみたいと思います。

プロジェクトの解釈は、楽曲の解釈に似ている

最初にフルタイムで通訳業務に就いたのは、クリエイティブ業界の会社でのことでした。主には映像制作に携わる分野でしたが、感性豊かなクリエイターに囲まれた環境のおかげで、通訳の難しさとポジティブに向かうことができたと思います。

映像制作における通訳経験の中では、主に逐次通訳とウィスパリングをフレキシブルに使い分けることが多くありました。新しいコンセプトやキャラクターのデザインを提示する時は、要点をまとめて逐次で日英双方向に伝えますが、画像や動画資料による説明の時には、ウィスパリングで発話者のスピードを極力追いかけるようにして訳出をしてきました。

プロジェクトのキックオフミーティングにおいて、訳す時に細心の注意を払うのは、プロジェクトの世界観やストーリーの内容、キャラクターの性格に対する解釈です。発言者によるプロジェクトへの解釈を正確に伝えるのに、楽曲イメージを描きながら解釈して演奏につなげる感性が役立ちました。プロジェクトの解釈は、楽曲の解釈と共通するところがあります。どちらも一つの作品を手掛けていく過程であり、制作に至るまでの背景、プロジェクト内容そのもの、そしてキャラクターの理解に及ぶまで、作品のイメージを描きながら解釈していくのです。作者、作曲家に個性があるように、作品には個性があり、その個性を理解することが、通訳業務にも大切な要素となっていました。

オーケストラ

例えば、楽曲の解釈で、旋律や演奏の表現に込められる感情を理解する感性を活かして、映像プロジェクトにおけるキャラクターの性格やストーリーに込められた感情を把握し、それをもとに、訳出というプロセスを通して表現することを意識してきました。旋律の特徴を理解するのと同様に、映像プロジェクトにおける特徴も、制作者の気持ちの中に入り込むイメージで理解することにより、作品に寄り添う訳出をすることができます。これは、数値などの多いデータに基づいた資料を、正確に訳す場での通訳とは違う神経を使ってきたように思います。

細かいタイミングを大切にする

映像制作現場での通訳は、ビジュアルな資料が多いことが日常です。会議資料としてミーティングで共有される動画や静止画が資料である時は、画像に映し出されるイメージや内容を汲み取りながら、話される内容を通訳することがとても大事なことでした。場面全体、背景やキャラクターの表情に関する打ち合わせの場において、色の濃淡に関する微妙な違いの比較に関するディスカッションを通訳する時など、発話者の意図することを汲み取ることに、とても神経を使う現場であったと思います。

さらに、動画の場合は、動きが映像の印象に与える影響が大きいため、キャラクターの喜怒哀楽をどの程度のタイミングと時間の長さで表すかが、方向性を決めるのに重要なことも多くあります。24分の1秒単位で、画像のフレーム毎にタイミングを計る細かさは、楽曲の演奏における間の取り方に似ています。バイオリンの楽曲を弾く時に、伴奏者と間合いを合わせた時と同じような注意を払って通訳にあたることもありました。その時に、より適切な表現で訳出するための言葉選びは、正に、楽曲演奏時の表現スタイルを選ぶことにとても近かったと思います。

例えば、音楽で、旋律の区切れにある一瞬の休符も、大事な演奏の一部であるように、映像における表現でも、動きが止まる一瞬の間もキャラクターや場面から伝わるメッセージがあります。一瞬の休符や動きが止まる画像、いずれもそこに流れる息遣いがあり、それに対する最適な演奏方法や言葉を選ぶのは、より良い表現を求める姿勢そのものなのです。映像プロジェクトも楽曲演奏のように、細かいタイミングを大事にしつつ表現する方法が、通訳では訳出、音楽では演奏というパフォーマンスを通して表現されていくのだと思います。

佐藤由香さん
Profile/

語学講師(英語、日本語、ドイツ語)、企業勤務を経て、クリエイティブ業界においてフルタイムの通訳業に就く。国内の大学(学士)、アメリカの大学院(修士)をドイツ語専攻にて修了、音楽高校時代は、バイオリンを専科として卒業する。現在、通訳・翻訳業務における専門領域を広げるべく、新たな分野で実務経験を重ねている。

バックナンバー