現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第24回】冬季アジア大会 公式通訳の仕事を経験して

update:2017/07/01

こんにちは。
北海道札幌市在住の木島里奈と申します。私はこのたび、冬季アジア大会に公式通訳として参加しました。その体験談と、そこで得た学びについて書こうと思います。

冬季アジア大会

冬季アジア大会は、アジアの45の国と地域が加盟するアジア・オリンピック評議会(OCA)が開催する総合国際スポーツ大会です。札幌大会は、札幌アジア冬季競技大会組織委員会によって運営され、2017年2月19(土)~26日(日)の期間に北海道札幌市と帯広市で競技が行われました。

今回の冬季アジア大会では、5競技11種別(アルペンスキー、クロスカントリースキー、スキージャンプ、フリースタイルスキー、スノーボード、スピードスケート、ショートトラックスピードスケート、フィギュアスケート、バイアスロン、アイスホッケー、カーリング)が開催され、過去最大規模の大会となりました。

この過去最大規模の冬季アジア札幌大会を様々な場面で支えたのが、公式通訳者です。

今回、公式通訳者は、通訳・翻訳業務のオフィシャルスポンサーである株式会社イー・シー・プロが募集、選考、派遣を行いました。イー・シー・プロは通訳養成学校の運営も行っており、通訳の仕事をすることを目標に訓練を続けている在校生の多くが、通訳業務開始の第一歩として経験を積みたいという希望を持ってこの公式通訳の仕事に応募しました。私もその中の一人です。

採用された公式通訳者は、今回が初めての通訳業務であるという人も少なくなかったため、大会前の5カ月間、イー・シー・プロ主催による研修会が月に一度行われました。研修では、シャドウイング、サイトトランスレーション、リプロダクションのような基礎的な通訳訓練のおさらいから、ウィンタースポーツでのインタビューの日英・英日逐次通訳演習のような通訳技術向上の訓練、また、通訳者としての心構えやマナーについての確認を行いました。

さて、皆さんは、「スポーツの国際大会での公式通訳のお仕事です」と聞いて、どのような場面での通訳業務を想像しますか?

大会前後の記者会見、試合後の選手やコーチへのインタビュー、といったところでしょうか? そのような場面での通訳を、華やかな表舞台で多くの人の目に触れる、いわゆる「花形」と呼ぶとしたら、今回私が携わったのは、その華やかな表舞台を支える、いわば「裏方」の場面での通訳だったと思っています。

われわれ公式通訳者に割り当てられた業務は、主に、VIP対応、競技会場付き、選手村付き、24時間コールセンターでの業務です。VIP対応は、各国から来札した大会関係者一人又は一組に対して公式通訳者1名ないし2名で対応し、滞在期間中のアシスタントとして、到着時の空港でのお迎えから、移動用の車の手配や訪問する先々へのアテンド、帰国時の空港へのお見送りまでが一連の業務だったそうです。競技の観戦に行かずにひたすら買い物や札幌市内の観光に付き合った、という人もいたので、通訳というよりは、秘書兼通訳ガイドのような役割のイメージです。

24時間コールセンターは大会関係者のみが使えるサービスで、主にチーム関係者から、大会期間中に何か困ったことが起きたときに問い合わせがあり、それに対応する、という業務だったそうです。対応言語は英語、中国語、韓国語、ロシア語で「スポーツ用品店はどこか?」「薬を買いたい、けがをしてしまった」など、多種多様な問い合わせがあり、特にロシア語は大忙しだったようです。

これらの業務の中から私に割り当てられたのは、「アイスホッケー競技の会場付・チーム付通訳」というものでした。現場での配属先は組織委員会の「選手係」という部署で、その名の通り、チームや選手に関わるいろいろな場面での通訳を経験しました。

選手係の担当者7人に、公式通訳者が私を含めて3人。私は午前中から夕方までのシフトを担当し、あとの二人がお昼過ぎから試合終了までのシフトを担当するという体制でした。

大会期間中の日々のスケジュールは、午前中に公式練習を行ってから午後から試合を行う、というものだったので、選手係の動きとしては、次の1~3がおおまかな流れで、午前、午後ともにほぼ同じです。

木島里奈さん
Profile/

高校生の時に、通訳者になりたいという夢を持つ。26歳で通訳訓練学校に通い始めるものの、挫折を繰り返してばかりいる。

今年の5月まで1年間、建築設計事務所でリゾート開発プロジェクトの一員として海外クライアントとの間の通訳・翻訳業務を担当し、通訳デビューを果たす。冬季アジア大会をきっかけにこの春からロシア語を学び始め、あらためて外国語を学ぶ楽しさを実感している。

バックナンバー