現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第28回】ピースボートでの通訳経験を通じて

update:2017/11/01

通訳学校などを通じて通訳者として必要な技能を身につけたとしても、最初の仕事を獲得して通訳者としてのキャリアを歩み始めるための「第一歩」に苦労するという話を聞くことがあります。一度仕事を獲得してエージェントやクライアントとのかかわりができれば、それが実績となり次の仕事の獲得につながりやすくなりますが、そうしたつながりがない場合は実務経験なしから「あり」へと変える「”0”を”1”にする」という作業が必要になります。

通訳学校で授業を受けたことが半年しかなかった私は、エージェントに人材登録に向かう前に、腕試しと修行を兼ねてNGOピースボートの主催する船旅に通訳担当のボランティアスタッフとして乗船しました。この経験を経て、現在は都内の企業で通訳として勤めています。ボランティアスタッフとしての乗船であり給与は出ないため(乗船費、宿泊費、食費は免除されます)実務経験としてカウントできないかもしれませんが、「”0”を”0.5”にする」ことはできたかと思います。私からは、現在通訳を目指し努力されている方に向けて、実務に近い通訳を経験する方法の一つとして参考になればと思い、ピースボートでの通訳経験についてお話しさせていただきます。

ピースボート

ピースボートをご存じない方のために簡単にご説明しましょう。ピースボートはNGO団体として世界平和の実現に向けた貢献を主な目的とし、これまで30年にわたって船旅を通じた観光と文化体験の場を乗客に提供し続けています。同時に、訪れる地域の人々や社会が抱える問題の解決に向けたプロジェクトを企画・実施しています。年に3回実施される約100日間の船旅に加え、ショートクルーズと呼ばれる約10日間の船旅も年1~2回実施されています。訪れる地域と実施されるプロジェクトは各船旅で異なっており、ショートクルーズを除く通常の船旅では平均20カ国を訪問します。

私が参加したのは2015年の4月から7月にかけて地中海経由でEU諸国と北欧および南米を巡った第87回の船旅でした。終戦から70年の節目となった年に実施されたこの船旅では、広島と長崎の被爆者の方の生の証言を世界各地に届ける「おりづるプロジェクト」が大きな目玉となっていました。

ほかにも、南米の音楽財団に楽器を寄付し音楽を通じた児童教育を支援したり、マダガスカルで植林活動を行ったり、地雷撤去活動の支援を行ったりと、旅ごとにさまざまなプロジェクトが企画され、同じ船旅の中で複数のプロジェクトが進行します。つい先日には、ピースボートが国際運営グループとして関わっている「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」が今年のノーベル平和賞を受賞したため、メディアでピースボートの名前を耳にした方もいらっしゃることでしょう。

私は旅ごとに随時募集される臨時の通訳ボランティアのポジションに応募し、エージェントで行われるような一般的なレベルチェックや面接を経て10人ほどの通訳チームの一人として採用されました。通訳スタッフの主な仕事は、次の寄港地に向かうまでに船内で開かれるざまざまな分野の日本人、外国人専門家の講演の同時(たまに逐次)通訳、日本人の乗客向けに船内で開かれる英語教室のネイティブ講師の補助、また寄港地では乗客が申し込んだ観光ツアーでの現地ツアーガイドの案内の通訳などです。

グアテマラの修道院で現地ガイドの通訳を行う筆者
グアテマラの修道院で現地ガイドの通訳を行う筆者

時折、船内で発行される新聞や資料の翻訳を任されることもあります。通訳が主な役割ではありますが、特殊な環境ゆえにスタッフとして柔軟な対応が求められるため、このポジションはピースボート内ではコミュニケーションコーディネーター、またはCCと呼ばれています。ピースボート事務局も、CCを採用する上では通訳者としての実務経験の有無や能力よりも、人柄やこれまでの人生経験を重視して採用を行っているようです。実際、ピースボートの船旅に集まる方は、乗客とスタッフを含め、老若男女問わずある意味変わった方が多く、自分の芯や目標がしっかりしていて自立的に行動される方が多いという印象でした。

CCにとって対人スキルは大事な能力の一つと言えるでしょう。乗り合わせた乗客とスタッフは、3カ月もの間、日本社会とは物理的に隔絶され多くの時間を共に過ごす仲間となるので、その分、絆も深まりやすく、下船後も友人としてお互いに親交を保つ方が非常に多いようです。私自身も下船後しばらくは仲間のCCや英語講師とシェアハウスをして共に暮らしていました。

人柄を重視してCCが採用されていると書きましたが、だからと言って通訳をする内容がやさしいというわけでは決してありません。私がCCとして乗船した際には、3カ月の航海中に自然、科学、宇宙、紛争、文化などさまざまな分野の専門家がゲストスピーカーとして登壇し、乗客向けに寄港地の理解向上や啓蒙を目的としたプレゼンを行いました。

その内容はトップレベルの現役通訳者が担当するレベルではないかと思うほど難しく、乗船中はほぼ毎日、時間ギリギリで共有されるプレゼンターの資料を必死で読み、1~2時間後のプレゼンに備えるということを続けていました。寄港地につくまでの航海期間中は、船内で毎日午前中から夜まで複数の講演やイベントが文化祭的に同時進行します。そのため、時には一日に三つの講演の通訳を任されることもありました。

満元証さん
Profile/

都内某企業でデビューを果たし現在キャリア3年目の会議通訳者。那覇商業高等学校在学中、通訳エージェントでのインターンシップで経験した法廷通訳の傍聴がきっかけとなり通訳者を志す。

神田外語大学在学中に通訳法・翻訳法を履修しながら、国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわで通訳ボランティアを経験した後、一度は都内の新卒会社員となるが、一年半で退社。その後オーストラリアでのワーキングホリデーやNGOピースボートでの通訳など、ボランティアをベースとした通訳経験を重ね現在に至る。

バックナンバー