通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド

現役の通訳者の方や通訳者志望者の方なら知っておきたい情報、ノウハウ、思考法などを、
フリーランスのプロ通訳者 関根マイクさんが惜しげもなく提供します。
この連載が明日のあなたを変えるはず。

【第1回】通訳者の道具

update:2017/10/16

私が通訳者として現場デビューしたのは当時住んでいたカナダなのですが、もしあの時に日本在住だったら迷わず通訳学校に通っていたと今は思います。一定の経験を積んだ今だからこそ、バックボーンを持つことの重要性や、学校や仲間を通じて得られる情報の価値がわかるからです。要は、通訳学校に通わなくても通訳者になれたけれど、通っていたらもっと近道ができたかもしれない、と思っています。

その一方で、日本独特の考え方やアプローチが存在するからなのかわかりませんが、欧米の通訳養成機関で一般的に教えられていることが日本では必ずしも教えられているわけではない、という事実も把握しています。それはどちらかというと通訳技術から離れた実務的な部分の話が多く、たとえば最初はどのような道具をそろえるべきなのかとか、同時通訳パートナーとの調整をどう行うのか、職業倫理的な問題の扱い方、そして営業戦略などがあります。

本連載の目的は、これから現場デビューする通訳者のタマゴさんたち、またはデビューしたての通訳者さんが、通訳学校で必ずしも教わるわけではないけれど、通訳者として長く活動したいのであれば知っておくべき基本的な実務情報をまとめることです。目指せ、永久保存版!

第1回は通訳者の道具についてですが、平山敦子さんの連載が紹介する「あったら便利」なツールやガジェットの話ではなく(といっても、私も多くを使っていますが)、「これだけは絶対にそろえておけよ」という必要最低限の話です。

①タイマー、②マスキングテープ、③イヤホン、④変換プラグ

①タイマー

私が使っているのはマルチ式タイマー・ノッティですが、現場では表示の大きさが特徴的なXXERT(イグザート)デジタルタイマーや、テンキーが使いやすいAS ONE(アズワン)のデジタルタイマーなどが人気なようです。同時通訳中はブースの中でデジタル音を響かせるわけにはいかないので、音に関する機能に関心を払う必要はありません。むしろ通訳に集中していても絶対に気付くレベルの光の点滅があるかを確認してください。製品によっては、光の点滅がほとんど気づかないレベルの物もあります。

私がノッティを愛用している理由は、光の点滅がとても目立つのと、他のタイマーにはあまりない振動機能があるからです。これが意外と便利です。ベテランならまだしも、駆け出しの通訳者は逐次通訳2人体制などで、立って通訳することもあります。立ちながらですので、タイマーを置く場所がありません。そのときにタイマーを振動設定にして(音と光をオフにして)ポケットに入れておくか、シャツの後ろに留めておけば時間通りにスムーズに交代できます。

②マスキングテープ

同通現場ではその日のスケジュール表をブースの脇に貼ったり、用語集を紙で用意した場合は目の前に貼ったりすることが度々あります。セロテープではなく、マスキングテープなのがポイントです(セロテープは粘着力が強すぎて面倒)。通訳者に人気なのは3MTMマスキングテープ 243J Plusです。15mmx18mがサイズ的に一番使いやすいと思います。ネットではバルクでしか買えないので、大型文具店でバラで買った方が良いです。

③イヤホン

イヤホンの選択肢は価格的にピンキリですし、耳のフィット感など好みの問題もあるのですが、同通の終日案件が増えてくるようになると耳周りの物理的負担軽減を考えるべきです。私はもともと耳の奥まで「刺せる」タイプのイヤホンが好きなので、Klipsch(クリプシュ)製品を使用していたのですが、数年前からBang & Olufsen(バング・アンド・オルフセン)一択です。理由は単純で、耳かけタイプは一日中つけていても疲れないからです。私はA8を使用していますが、平山さんによるとボリュームコントローラー付きの3iの方が「人の声がエッジが立ってシャープに聞こえる」そうです。なんにせよ、耳かけタイプをお勧めします。

④変換プラグ

最低限持っておくべき変換プラグは2つ。ステレオミニからステレオ標準へ変換するプラグと、ステレオミニからモノラル標準へ変換するプラグです。特に後者は、イヤホンをステレオ標準で差し込んでも片耳しか聞こえない場合に、両耳でしっかり聞こえるようにするために必要不可欠です。それぞれ、たかだか数百円の投資なので、プロなら持っておきましょう。

Profile

関根マイク
Mike Sekine

通訳者。関根アンドアソシエーツ 代表、日本会議通訳者協会理事、名古屋外国語大学大学院兼任講師、元日本翻訳者協会副理事長。得意分野は政治経済、法律、ビジネスとスポーツ全般。

現在は主に会議通訳者として活動しているが、YouTubeを観てサボりながらのんびり翻訳をするのも結構好き。近年は若手育成のため精力的に執筆活動も行っている。「イングリッシュ・ジャーナル」で『ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から』を連載中。

バックナンバー