通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド

現役の通訳者の方や通訳者志望者の方なら知っておきたい情報、ノウハウ、思考法などを、
フリーランスのプロ通訳者 関根マイクさんが惜しげもなく提供します。
この連載が明日のあなたを変えるはず。

【第2回】フリーランスか、インハウスか

update:2017/11/17

通訳学校で実力をつけて、いざプロデビューというときに決めなければならないのが、いきなりフリーランスになるのか、それともインハウス(社内通訳者)として組織に属するのかという問題です。私自身、この問題に関してよく相談されます。

この問題に適切に答えるには様々な要素を検討しなければならないので、単純明快な回答はできません。けれど、各要素を大きく分けると、①収入ポテンシャルと②経験蓄積について十分に理解すれば自分の目的に適した道が見えてくると思います。一つひとつ見ていきましょう。

■インハウス

インハウスの形態や利点等に関しては、こちらの土井拓さんの記事が詳しいので、私はこの記事に書かれていないメリット・デメリットについて敷衍します。

まず年収の相場ですが、土井さんの記事では500万円~1,000万円とありますが、実際にインハウスで最初から1,000万円をもらっている人はあまりいないと思います。おそらく社内で8年~10年近く経験を積んだベテランあたりでしょう。新人はむしろ500万~600万あたりのオファーが多いと思います(時給にして2,000円~2,500円、年収400万円未満の案件も増えてきている印象)。それも通訳業務に加えて翻訳業務も発生し、場合によっては翻訳が8割などという仕事も少なくないので要確認です。

ただ、私は必ずしもこれが悪いとは思いません。質の高い翻訳をするためにはじっくりと時間をかけて思考するプロセスが欠かせないので、特に駆け出しの通訳者には格好の修行になると思います。ちなみに昔と違って今ではインハウスでも未経験OKで採用してくれる会社はあまりありません(パーソナル・アシスタント的な位置づけであればあるかもですが)。

収入ポテンシャルでみると、インハウスはあまり高くありません。実績を積んだフリーランスであれば1,000万円を超える人は少なくありませんが、インハウスでこのラインを超えるのはベテランでも難しいでしょう。しかし、通訳者としての技能にまだ不安を感じている場合は、一つの分野を時間をかけて勉強できるので、環境的には一番でしょう。インハウスで同通(=同時通訳・以下、同様)をする場合、会議室に同通ブースが設置されていることはまずないので、パナガイド等の無線機を使っての生耳同通をするのですが、実はこれ、同通ではもっとも難しい部類に入る形態です。声が通らない人がいたり、通訳者に背を向けてわかりにくい話をする人もいる。このような厳しい同通環境で2年くらい修行すれば、少なくとも同通のヒアリングと反応速度はかなりの実力になっているのでしょうか。ちなみに、同通ができない通訳者は少なくとも日本市場においてはあまり価値がないので、同通スキルは早めに磨いておきましょう。

日本でよく見るJRCの同通機材
日本でよく見るJRCの同通機材

いずれフリーランスへの転身を目指す場合は、実力がついたと思ったら早めに動いた方がよいと思います。通訳会社は基本的に、インハウスの実績をまったく考慮しません。おそらく、一つの分野に長けていても、フリーランスに求められる多分野における対応力・柔軟性が未知数なので、ゼロベースで考えて登録するしかないということなのだと思います。当然、その通訳会社で活躍している通訳者の紹介でもない限り、レートは低めに設定されます。このため、最近のキャリア志向の通訳者には1社で最長1年、3年で3社以上経験したいという人もいます。

余談ですが、インハウスは初年度でも有給が11日もらえます(数十万円の価値あり)。労働基準法に守られているので休日勤務は35%増し!このあたりは手厚いですね。

■通訳会社の専属通訳者

通訳学校で素質を見込まれた場合、専属契約をもちかけられることがあります。仕組みは会社によって異なりますが、よく聞くのは月給25万?30万円程度の基本給+稼働給という感じです。稼働日数・時間が保証されている場合が多いので、完全なフリーランスになるよりは安定感があります。

「専属通訳者」と聞くとなにか華があるように聞こえますが、一部の高レートのベテランを除き、通訳会社が一定の実力がある人材を安価で確保する制度と言っても過言ではありません。といっても別にこれが悪いわけではなく、ビジネスとして安く仕入れて高く売るのは基本中の基本です。特に大手通訳会社は案件数が多いので、専属通訳者をある程度抱えていた方が①繁忙期の通訳者確保が容易になり、②利益率も上がる、というメリットがあります。通訳者側のメリットとしては、1年目から毎日のように仕事を与えられますし、中にはベテランと一緒に組んで格が高い国際会議などを担当する機会があります。仕事の保証を与えられながら、多分野での仕事を経験できるのはとても貴重です。

収入ポテンシャルとしてはインハウスよりは少し上だと思います。1年目から多分野の案件を担当できるので、後々フリーランスを目指すのであれば有力な選択肢だと思います。狭き門ですが!

Profile

関根マイク
Mike Sekine

通訳者。関根アンドアソシエーツ 代表、日本会議通訳者協会理事、名古屋外国語大学大学院兼任講師、元日本翻訳者協会副理事長。得意分野は政治経済、法律、ビジネスとスポーツ全般。

現在は主に会議通訳者として活動しているが、YouTubeを観てサボりながらのんびり翻訳をするのも結構好き。近年は若手育成のため精力的に執筆活動も行っている。「イングリッシュ・ジャーナル」で『ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から』を連載中。

バックナンバー