通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド

【第2回】フリーランスか、インハウスか

update:2017/11/17

■フリーランス

フリーランスは収入のポテンシャルがこの仕事では最大です。通訳会社の仕事だけ受けている人であれば800万~1,200万円程度でしょうか。通訳者の供給が少ない専門分野をもっていて、さらに直接取引があるクライアントを持っている場合は2,000万近い年収も夢ではありません。

ただし、良いことばかりではありません。毎日のように異なる現場で活動するので、インハウスよりも環境的にプレッシャーがありますし、通訳会社の専属通訳者のようにいざとなったら助けてくれる先輩もいません。むしろ現場では「自分の担当分は何があっても自分で責任をとれ」という空気さえあります。

サウンド周りの機材は通常、同通ブース付近に設置されます
サウンド周りの機材は通常、同通ブース付近に設置されます

自分のスケジュールは自分で管理しなければなりませんし、安定的な収入確保のためには営業活動も必要でしょう。誰もキャリアマップを描いてくれないので、3年後、5年後、自分がどこに行きたいのか、どのような分野で活動したいのかは自分で決めなければなりません。請求書発行など、事務作業も自分でしなければならず、面倒だと感じる人もいます。

レート設定や交渉も基本的には自分で行うので、厳しい自己評価と一定のビジネスセンスも求められます。市場における通訳者としての自分の価値を適切に見極めるスキルといってもよいでしょう。日本で活動する通訳者の多くは、この部分が甘いと私は思います。おカネの話はしたがらない人が多い印象がありますが、交渉を避けず、主張するべき部分は確固たる根拠に基づききちんと主張するべきです。プロ野球選手の契約更改と同じですね。

以上の情報に基づき、私が駆け出しの通訳者だったらどのような行動をとるかですが、これは価値観の問題もあると思うのであくまでも参考として。

私は①収入の最大化と②自由なスケジュール設定を重要視しているので、最終的にはフリーランスを目指すと思いますが、おそらく通訳学校を出てまずインハウスを選ぶでしょう。というのは、通訳学校の同通環境は現実の同通環境とはかなり異なるので、フリーランスとして通用する同通スキルを得るためには厳しくも(生耳同通)優しい(助けてくれる仲間やリソースがある)環境に身を置いて修行する必要があるからです。3年以内にフリーランスに転身するという目標を設定し、おそらく2年目からは最初に通った通訳学校(学校A)とは別の学校Bに通い始めると思います。別の学校で学ぶことで①講師別の異なる通訳スタイルを学ぶことができますし、②その学校がもつネットワークも活用できる。そして③実力があれば専属通訳者として契約するチャンスも得られるかもしれない(必ずしも専属契約を求めるわけではないけれど、持てるオプションは持っておいた方がよい)。このとき、ダメ元で最初に学んだ学校Aに専属契約のチャンスはあるか問い合わせてみてもよいかもしれません。

運よく専属契約ができたとしても、私はここでも3年以内に完全独立を目標にすると思います。3年以内にフリーランスとして完全独立して活動していく実力と実績が獲得できない場合は、そもそも自分の基礎的な能力不足を疑うべきです。厳しいようですが、それが現実です。

Profile

関根マイク
Mike Sekine

通訳者。関根アンドアソシエーツ 代表、日本会議通訳者協会理事、名古屋外国語大学大学院兼任講師、元日本翻訳者協会副理事長。得意分野は政治経済、法律、ビジネスとスポーツ全般。

現在は主に会議通訳者として活動しているが、YouTubeを観てサボりながらのんびり翻訳をするのも結構好き。近年は若手育成のため精力的に執筆活動も行っている。「イングリッシュ・ジャーナル」で『ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から』を連載中。

バックナンバー