通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド

現役の通訳者の方や通訳者志望者の方なら知っておきたい情報、ノウハウ、思考法などを、
フリーランスのプロ通訳者 関根マイクさんが惜しげもなく提供します。
この連載が明日のあなたを変えるはず。

【第3回】仕事ポートフォリオの考え方

update:2017/12/18

第3回は、いざフリーランスとしてデビューした後に仕事の取り方をどう考えるべきかについて考えます。フリーランスは仕事の取り方もレート(報酬レベル)の設定も本人の自由……なのですが、自由ゆえに、エージェント(前回は便宜上、「通訳会社」と呼んだのですが、業界では「エージェント」と呼ぶ方が一般的なので今後はこれで通します)任せになってしまう人が多いのが実情のようです。ただ考えてみてください。フリーランスの最大の強みは自分自身の価値と戦略を主体的に設定できることです。どのような仕事を取って、どうステップアップしていくのかをきちんと考えましょう。

初めはエージェント登録から

通訳学校の卒業生で一定の実力がある方は、その学校を運営しているエージェントに登録を勧められることが多いようです。通常は市場平均よりも低いレートで登録するわけですが、これは仕方ありません。いくら才能があっても実績はゼロなので、下積みをしながら実力を認めてもらうしかありません。デビューしたてのAKB48のようなものです(笑)。

駆け出しの頃はとにかく案件数を増やしたいがために、同時期に多くのエージェントに登録をする方もいるようですが、私はあまりお勧めしません。現場で少しずつ実力を蓄えて、その中で多くの通訳者さんと知り合って業界の情報交換をして、どのエージェントがどの分野を得意としているのか、どの分野で通訳者を求めているのか、レギュラーで稼働しているスター通訳者さんは誰なのか、などを調べてからアプローチした方がずっと効果的です。

キモノプロジェクト
会議通訳では、ブース内に複数の
通訳者が入って、交代で通訳する

エージェントに登録する際に通訳者が目標とするのは基本的に①レギュラー入りと、②高い初期登録レートの確保、の2点です。①はそのエージェントがいつも頼るような通訳者になることであり、②は文字通り、できるだけ好条件を初回登録時に引き出すことです。登録時のレートはとても大事で、収入面で通訳者のキャリアを左右するといっても過言ではありません(レートについては第4回で詳しく書きます)。

では①と②をどう確保するのか、なのですが、実績がなければ交渉材料がないので、やはり最初はある程度の実績を積んだ方が良いと思います。逆にいえば、ある程度の実績を積むまでは登録数をあまり増やさない方がよいでしょう(低レートで登録数を無駄に増やしたら後が大変)。ネットワーキングを通じて通訳者仲間からエージェントを紹介してもらえることもありますし、その通訳者がそのエージェントのレギュラーであれば比較的高い初期レートがもらえる確率が高くなります。

実績は大事ですが、誰に紹介してもらうかも同じくらい大事です。エージェントとしてもベテランの紹介は無視できませんし、「あのベテランさんが言うのだから、上手いのだろう」とすんなりいくケースも少なくありません。中堅以上の通訳者さんはこれを感覚的にわかっているので、紹介者なしで新規登録をすることはほぼありません(紹介者なしでの登録は、よほどの実績がない限り、どうしても通訳者にとって不利な交渉になりがちです)。

では実績を作るにあたり、どのような仕事をとればよいのでしょうか。新人は最初から大きな国際会議を任されることは当然ないのですが、可能であればありふれた社内会議よりもブランド認知度や知名度が高いイベント・会議を優先した方が良いと私は思います。別に社内会議が悪いわけではないのですが(私自身、いまでもやっています)、後々の新規登録のことを考えると、担当者が実績表を一目見たときに、それが何であるかすぐにイメージできるような「格」がある案件が並んでいた方が有利なのです。

たとえば私は業界で数少ないゲーマー通訳者を自負しているのですが(笑)、実績の見せ方としては「ゲーム会社のスクエア・エニックスの社内会議を十数回したことがあります」というよりかは、「東京ゲームショウは過去5年連続で仕事していますし、指名でサンフランシスコ開催のGDC※に呼ばれたこともあります」と言った(書いた)方が絶対に好印象を与えます。

※GDC(=Game Developers Conferenceの略)は、毎年開かれる世界各国のゲーム開発者を中心とした会議]

加えて、駆け出しの頃は、政府系の仕事を積極的に受けるべきです。案件の予算等の関係上、中堅以下の通訳者にチャンスが回ってくるときがあるのですが、政府系案件は比較的「格」があるとみなすエージェントが多いので、実績としてもっておいて損はありません。

Profile

関根マイク
Mike Sekine

通訳者。関根アンドアソシエーツ 代表、日本会議通訳者協会理事、名古屋外国語大学大学院兼任講師、元日本翻訳者協会副理事長。得意分野は政治経済、法律、ビジネスとスポーツ全般。

現在は主に会議通訳者として活動しているが、YouTubeを観てサボりながらのんびり翻訳をするのも結構好き。近年は若手育成のため精力的に執筆活動も行っている。「イングリッシュ・ジャーナル」で『ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から』を連載中。

バックナンバー