通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド

現役の通訳者の方や通訳者志望者の方なら知っておきたい情報、ノウハウ、思考法などを、
フリーランスのプロ通訳者 関根マイクさんが惜しげもなく提供します。
この連載が明日のあなたを変えるはず。

【第7回】プロフェッショナルとしての倫理

Posted April 17, 2018

私が倫理を語る資格があるのかという、そもそも論はとりあえず横に置いておいて(笑)、今回は主にフリーランス通訳者が仕事をする上で重要な倫理的問題について書きます。プラクティカルな意味での通訳者の職業倫理はあまり語られることがありませんが、狭い業界だからこそ知っておくべきことです。悪い噂は強風に煽られる山火事のようにすぐに広まりますから。

クライアントを盗むな

エージェント経由で受けた仕事のクライアントを、あの手この手で直接取引にしてしまう通訳者がいますが、これは悪手としか言えません。たとえばクライアントもコスト意識がありますから、気に入った通訳者を現場でリクルートして、直接契約にしてしまおうとアプローチをかけてくることがありますが、「エージェントを通してください」と伝えて断りましょう。エージェントを通して仕事を受けた場合、あなたはエージェントに対して責任を負います。エージェントがいなければそもそも出会うことがなかったであろうクライアントを盗むことに倫理的問題があることは明白です。それに、そのようなアプローチをするクライアントはもっと上手くて安い通訳者を見つけたら同じようなアプローチをするでしょうから、あなたが捨てられるのは時間の問題です。

この業界は本当に狭く、クライアントを盗んだ、または営業行為のようなことをした通訳者についてはとても速く噂が広まります。エージェントから貰った名刺を切らしているなどを理由に個人の名刺を渡す通訳者もいますが、個人名刺を渡すくらいなら「すみません、いま名刺を切らしておりまして」とお断りするべきです。会社員が営業先で、会社とはまったく関係ない個人名刺を渡すことはありませんよね?目先の利益に飛びつかず、正しい行動を選択しましょう。

エージェントの看板を意識しろ

今半の弁当
国内の現場で支給される
弁当はなぜか今半が多い

通訳者はエージェントの看板を背負って仕事をしています。なにか問題が発生したら、エージェントが通訳者をクビすることは簡単ですが、それでもエージェントは顧客の信頼を損なったり、場合によっては顧客そのものを失ってしまうかもしれません。これは倫理の問題であり、ビジネスの問題でもあります。

まずは最初と最後の挨拶をきちんとする。そして、服装に注意すること。ドレスコードがある場合はそれに従うこと。当たり前のことですが、これができない通訳者がいるということをエージェントからたびたび聞きます。黒基調と指示されたのに赤に身を包んで来るとか、企業の取締役会にスマートカジュアルで来るとか、普通に考えてあり得ないですが、実際に起きているのです。

前日の酒が抜けきらない状態でブースに入れば臭いでバレます。ニンニクなども同様。女性はスカートの丈等でクレームが発生することがあるので、露出が少ない服装でまとめるのが無難です。

Profile

関根マイク
Mike Sekine

通訳者。関根アンドアソシエーツ 代表、日本会議通訳者協会理事、名古屋外国語大学大学院兼任講師、元日本翻訳者協会副理事長。得意分野は政治経済、法律、ビジネスとスポーツ全般。

現在は主に会議通訳者として活動しているが、YouTubeを観てサボりながらのんびり翻訳をするのも結構好き。近年は若手育成のため精力的に執筆活動も行っている。「イングリッシュ・ジャーナル」で『ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から』を連載中。

バックナンバー