通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド

現役の通訳者の方や通訳者志望者の方なら知っておきたい情報、ノウハウ、思考法などを、
フリーランスのプロ通訳者 関根マイクさんが惜しげもなく提供します。
この連載が明日のあなたを変えるはず。

【第9回】スケジューリング その2

Posted June 25, 2018

前回の続きです。当初は1回ですべてを盛り込む予定だったのですが、スケジューリングは価格設定と同じくらい重要なトピックなので、2回に分けてお届けすることにしました。

キャリアは長いスパンで考えよう

私が活動拠点を東京に移して間もないころ、「1日に半日案件(4時間以内などの案件)を2件、あわよくば3件~4件くらい入れるのが効率いいよね?」というような発言をしていた通訳者がいました。本当にそうなのでしょうか?

経験者であればわかると思いますが、ハードな筋トレをしたあとに身体が動かないのと同じで、ハードな通訳をしたあとは脳が疲れて何も考えることができなくなります。特に繁忙期は予習の時間も大事ですが、個人的にはそれ以上に休養が大事だと思います。睡眠が足りていない人、疲労が蓄積している人は、同時通訳機材のボタンの押し忘れなどの凡ミスも多くなるのではないでしょうか。

フリーランス通訳者であれば収入の最大化は重要な問題ですが、通訳は頭脳を酷使する肉体労働だということを忘れないでください。かつて業界の某大御所が「通訳は体力が一番」と発言したそうですが、私も同意見です。通訳者は1年という長いシーズンを戦っていく上で、体力・精神力を回復できるように適度な休養をとるべきだと思います。たとえば私は夏や年末年始の長期休暇に加えて、秋の繁忙期でも10月中旬あたりに1週間ほど休みをとるようにしています。勝負は1年ではなく、10年~20年のスパンでするものだと考えていますので。1日に2時間の案件を4つ詰め込むようなことは体力を必要以上に使うので絶対にしません。そもそも4件も抱えていたら、どうやって適切な準備ができるのでしょうか?

海外エージェントとのお付き合い

日本人の通訳者は意外と海外エージェントとの付き合いに積極的ではないようです。なぜかと聞くと、「支払いが不安だから」とか、「適切な手配がされるかわからないから」という理由が主なようです。確かに国内エージェントと比較すると、海外エージェントは手配が雑なところが多い印象です(笑)。

シンガポールのホテルにて
シンガポールのホテルにて。
現場から疲れて帰ってきたら
「誤訳してもそこから学べばいいよ!」
的に慰められるという…。

けれど面白いのは、海外エージェントは日本人通訳者(日英通訳者)の評価が軒並み高く、国内エージェントの1.5倍や2倍のレートを提示するところが少なくないことです。それゆえ海外エージェントの案件をうまくスケジュールに組み込んでいくと、高収入はもちろんのこと、エキゾチックな国で仕事をし、そのあとに観光を楽しむということも可能なのです。

支払いが不安、というのは理解できますが、海外エージェントとの付き合いが長い私でも不払いは一度もありません。ただ、営業以外のバックオフィス機能が弱いのか、支払いの遅れは頻繁にあるのでその点は注意するべきです。契約時にはキャンセル料まわりを調整すると同時に、支払いの遅延が発生した場合のペナルティなどを設定してもよいかもしれません。

海外エージェントはとにかく契約重視なので、きちんと合意している内容については履行しますが、合意がない事項については1銭も出しません。登録時の契約書や業務発注書に記載されている内容は入念に確認するべきです。

Profile

関根マイク
Mike Sekine

通訳者。関根アンドアソシエーツ 代表、日本会議通訳者協会理事、名古屋外国語大学大学院兼任講師、元日本翻訳者協会副理事長。得意分野は政治経済、法律、ビジネスとスポーツ全般。

現在は主に会議通訳者として活動しているが、YouTubeを観てサボりながらのんびり翻訳をするのも結構好き。近年は若手育成のため精力的に執筆活動も行っている。「イングリッシュ・ジャーナル」で『ブースの中の懲りない面々?通訳の現場から』を連載中。

バックナンバー