通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド

現役の通訳者の方や通訳者志望者の方なら知っておきたい情報、ノウハウ、思考法などを、
フリーランスのプロ通訳者 関根マイクさんが惜しげもなく提供します。
この連載が明日のあなたを変えるはず。

【第11回】ビジネスオーナーとして考える その2

Posted Sept 7, 2018

前回からの続きで、一人の通訳者(職人)であると同時に、一人のビジネスオーナー(自分という「会社」の経営者)として考えようという内容です。今のような変化の時代を上手く立ち回るには、フリーランス通訳者であっても、社内通訳者であっても、一人の経営者としての視座を持って行動することが求められているからです。ブランディングや価値把握、交渉については以前に触れましたが、今回は投資についてです。

■自己投資を忘れずに

通訳者にとって最高の投資は不動産でも仮想通貨でもなく、自己投資です。適切な自己投資は通訳者の人材価値を確実に上げます。多くの人は仕事が順調に入ってくるようになると、目の前の仕事の準備をするだけで精一杯になり、職人として自分の技を磨く意識が希薄化していきます。しかし長く仕事を続けていきたいのであれば、目的意識を持って将来への自己投資を忘れないようにしましょう。

1. ツールへの投資

第1回で紹介した基本ツールに加えて、スマートフォンやタブレット端末、またはノートPCは現代の通訳者にはとって必須のツールです。まだ電子辞書を持ち歩いている通訳者もいますが、総合的にみるとスマホやタブレットの方が圧倒的に使い勝手が良いです。あとは平山敦子さんの連載「ガジェット天国」がとても参考になります。

特に第19回で紹介されているパナガイドですが、これは中堅以上の通訳者は絶対に持つべきです。送信機1台と受信機2台で約10万円ですが、すぐに元がとれます。キャリアを積んでくると、予定では逐次通訳なのですが、同時通訳で対応してスピードアップすることで通訳者を含めた当事者全員が得をする、という案件を嗅ぎ分ける能力が備わってきます。通訳者が慣れている分野であれば、同時通訳も長めに対応できますね!

世界通貨基金(IMF)
ワシントンDCの世界通貨基金(IMF)で通訳したことも。
金融・財政分野でも十分にやっていけると確信した案件です。

とはいっても、私は基本的に直接取引のクライアントでしかこのような対応はしません。クライアントのニーズを満たしてあげたいという気持ちはあるのですが、エージェントを通して受けた案件の場合、私が同通対応をすることで、それ以降の通訳者の対応に影響がでる可能性があるからです。つまりクライアントが、「先日来てた関根さんは同時でやってくれたから、あなたもやってくれるよね?」と言いかねない状況を作ってしまうのです。通訳はメンタルの状態がパフォーマンスに大きな影響を与えるので、通訳者は自分のペースを乱したくない。本連載では何度か言及していますが、この業界はとても狭いので、他の通訳者に配慮することはとても大事です。

あと、通訳を仕事にしていると翻訳の依頼も結構きます。翻訳はやらない、という選択肢もありですが、①翻訳をすると通訳は確実に上達しますし、②収入の多様化にもなりますので、積極的にやるべきだと私は思います。そして翻訳をするのであれば、絶対にオフィスチェアに投資してください。ハーマンミラーのアーロンチェアや、お手頃なエルゴヒューマンあたりがお薦めです。どれだけ長く座っていても疲れない、腰が痛くならないチェアは文字通り最強です。

2. コンディション調整への投資

若い頃は無理ができたけれど、年を追うごとに回復が追い付かなくなってきている……というのはこの業界に限らずよく聞く話です。多くのベテラン通訳者は「通訳は体力が一番大事」と口をそろえて言いますが、確かに体力がなければ集中力が維持できませんし、繁忙期を乗り切ることはできないでしょう。コンディションを整えるために投資は必須ではないかもしれませんが、長い目でみると必ずペイすると私は考えます。

Profile

関根マイク
Mike Sekine

通訳者。関根アンドアソシエーツ 代表、日本会議通訳者協会理事、名古屋外国語大学大学院兼任講師、元日本翻訳者協会副理事長。得意分野は政治経済、法律、ビジネスとスポーツ全般。

現在は主に会議通訳者として活動しているが、YouTubeを観てサボりながらのんびり翻訳をするのも結構好き。近年は若手育成のため精力的に執筆活動も行っている。「イングリッシュ・ジャーナル」で『ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から』を連載中。

バックナンバー