通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド

現役の通訳者の方や通訳者志望者の方なら知っておきたい情報、ノウハウ、思考法などを、
フリーランスのプロ通訳者 関根マイクさんが惜しげもなく提供します。
この連載が明日のあなたを変えるはず。

最終回【第12回】ネットワーキングの重要性

Posted Oct 12, 2018

本連載もいよいよ最終回です。通訳業界においては、案件を無事にこなすための専門知識など「何を知っているか」が大事ですが、息の長いビジネスをするためには「誰を知っているか」も同じくらい重要です。これはなにも通訳業界に限る話ではありませんが、この点を軽視している通訳者が意外と多いようなので、今回はネットワーキングの重要性について書くことで連載の結びとします。

ネットワーキングの重要性

ネットワーキングは重要、と昔からよく言われますが、具体的にどう重要なのでしょうか。これだけで本が1冊書けそうですが、ここでは要点を三つに絞って簡潔に説明します。

1)トランザクティブ・メモリー

実は近年の組織学習研究においてとても重要な概念にトランザクティブ・メモリー(transactive memory)というものがあります。1985年にハーバード大学の社会心理学者であるダニエル・ウェグナーが提唱しました。その考え方はシンプルで、組織の記憶力に重要なことは、組織全体が何を覚えているかではなく、組織の各メンバーの「誰が何を知っているか」を知っておくことである、ということです。

私たちの文脈で説明すると、通訳者は他の通訳者や業界関係者とつながることで、一つのネットワーク、つまり一種の「ゆるい組織」を構成することになりますが、この組織に属するメンバーがお互いの知識や専門分野などを把握することで、組織の全体的な効率性が上がります。一人の人間の知識・記憶力には限界がありますが、多種多様な知識や背景を持つ人が組織に集まった上で、「このクライアントのことはまずあの人に聞け」、「この分野はあの人に依頼したら最善」というように、「誰が何を知っているか」を知れば、組織はもちろん、その構成メンバーも多大な恩恵を受けるのです。

たとえば私の場合であれば、通訳ガジェットに関する質問は平山敦子さん(参考:連載「通訳者・平山敦子のガジェット天国」)にするでしょうし、ワイン通訳なら松岡由季さん、建築なら仲田紀子さん、自動車なら桂田アマンダ純さんに真っ先に相談するでしょう。場合によっては案件自体をお願いしてしまうかもしれません。

これは前回の記事でも説明した「他の通訳者を紹介する」に通じます。苦手な案件やスケジュールの都合がつかない仕事がきたら、単に断るよりも組織内の誰かに適材適所で割り振る方が長期的には構成メンバー全員が得をします。ただこれを実現するには、まずはネットワークに属さなければなりません!

日本通訳フォーラム
日本最大の通訳イベント、日本通訳フォーラムは貴重な学びとネットワーキングの場。

2)弱い結びつきの強さ

スタンフォード大学のマーク・グラノベッターは1973年に発表した論文「Strength of Weak Ties(弱い結びつきの強さ)」で、重要・有用な情報の多くは「強い結びつき」の人間関係から得られるものではなく、むしろ「弱い結びつき」の人間関係から得られる、と論じました。もちろん「強い結びつき」にもメリットはありますし、それを裏付ける研究などもあります。結局のところ「強い結びつき」と「弱い結びつき」のどちらを重視すべきかは業界や状況により異なります。ただ私は通訳者、特にフリーランス通訳者にとっては「弱い結びつき」から得られるものがより大きいと評価しています。

Profile

関根マイク
Mike Sekine

通訳者。関根アンドアソシエーツ 代表、日本会議通訳者協会理事、名古屋外国語大学大学院兼任講師、元日本翻訳者協会副理事長。得意分野は政治経済、法律、ビジネスとスポーツ全般。

現在は主に会議通訳者として活動しているが、YouTubeを観てサボりながらのんびり翻訳をするのも結構好き。近年は若手育成のため精力的に執筆活動も行っている。「イングリッシュ・ジャーナル」で『ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から』を連載中。

バックナンバー