Mr. Evine の頑張る英語人応援ブログ 略してエビログ!

 

2011年6月13日

時制

寝違えたのか、背中、肩が痛いです。日にち薬ですかねぇ

今日は涼しくていいのですが曇っててちょっと陰気な空模様。
教室は元気出していきますよ。

では本日の問題です。


次の( )に当てはまるもっとも適切なものを記号で選びましょう。

We ( ) in the college dorms at this time next year.

(1) have been staying
(2) will be staying
(3) have stayed
(4) was staying



【正解】
(2)

【解説】
「来年の今頃は、私たちは大学の学生寮で過ごしているでしょう」


will be Vingの未来進行形がポイントでした。

理解しているようなしていないような、曖昧な生徒さんが多いですね。
簡単に用法を整理しておきましょう。


(1) 「・・している最中だろう」

未来のある一時点、特定の時間帯における進行中の動作や出来事

これが未来進行形の核となるポイントです。

I'll be flying to New York tomorrow night.(明日の夜には、ニューヨークに向かって飛んでいるんだろうなぁ)

さて次のポイント(2)はポイント(1)とはまた別の話です。
頭を切り替えましょう。

(2) 「・・することになるだろう」

話し手や周りの意図とは関係なく自然の成り行きで起こる未来の予定や予測

 


ポイント(1)の「進行中」ニュアンスは消える!ことを押さえておきましょう。


I will be seeing you there next week.(私は来週、君とそこで会うことになるでしょう)


willが本来持つ「意思」ニュアンスが消えるため、次のような会話表現でも重宝します。

違いが分かりますか?


(あ)Will you join us tomorrow?
(い)WIll you be joining us tomorrow?


Will you V ...?はまさに相手の「意思」を確認する表現でストレートな尋ね方になります。
(あ)明日、参加しますか?(参加するつもりですか)[意思確認]

一方、未来進行形のWill you be Ving ...?になれば「意思」ニュアンスが消え、より控えめで丁寧な「相手の予定」を確認する意味合いになります。相手の立場を尊重したような感じですね。

(い)明日は参加されますか?(参加される予定ですか?)[予定の確認]


他の選択肢もなぜダメなのか念のため確認しておきましょう。
選択肢は
(1) 現在完了進行形
(3) 現在完了形
(4) 過去進行形
ですね。

時制判断がポイントですが、時制を決める副詞句at this time next year(来年の今頃)が決め手でした。これはどう考えても「未来」時制ですね。

(1)(3)の現在完了時制は「過去から現在まで」のつながり時制です。残念ながら未来時制とはズレていますのでアウト。(4)は言うまでもなく「過去」時制で完全なアウトでした。

今日もお疲れ様でした。

※皆さんの応援クリックのおかげでランキングが10位前後と安定してきました~!ありがとうございます!


mark_warning04.gif人気ブログランキングに参加中!この記事がお役に立ちましたら、下記のロゴをクリックしていただけますと励みになります!

人気ブログランキングへ




★出題内容に関するご質問は下記お問い合わせフォームから受け付けています。また出題内容のコメントも励みになりますので宜しくお願いします。

お問い合わせフォーム


hand_red05.gifEvineが神戸で主宰する「やりなおし英語JUKU」
>> http://evinet.biz/


hand_red05.gif近況ボチボチつぶやいています
>> http://twitter.com/evine_e

hand_red05.gif1日1題「話せる」英文法スキルを磨くメールマガジン(無料!)
>> http://evinet.biz/magazine.html


Comments

あぁ・・苦節○年。
willとwill be ~ingの違い。
「話し手や周りの意図とは関係なく自然の成り行きで起こる未来の予定や予測」ってのは
何処ぞの文法書で読んだことがあったのですが
「意思」のニュアンスが消えて
相手の立場を尊重した丁寧な予定確認にもなるのですね。
苦節してなかったんやろうなぁ~;

ようやく痒いところに手が届きました。
ゴチソウサマでした。

[返信]
zeroさん、
楽しいコメントありがとうございます。

すでに知っている形を突っ込んで調べてみるのも面白いものです。特に用法がいくつもありそうなものは徹底されてみてはいかがでしょうか。


Mr. Evine の中学英文法クイック・チェック

学生から大人まで、初心者が"使える英語"を学べる書籍

「Mr. Evine」シリーズ

アルファベット、中学英文法から始める英語の基礎の基礎。大学入試レベルの英文法、リスニング、スピーキングも学べます。


詳細はこちら