Mr. Evine の頑張る英語人応援ブログ 略してエビログ!

 

2015年2月 9日

迷惑メール(英文)の利用

-----------------------------------------------------------------------
神戸と大阪のMr.Evineのやりなおし英語JUKUでは「コア英文法」から「発信力」につなげます。まずは無料体験レッスンをお申込みください。
>> http://evinet.biz/
-----------------------------------------------------------------------

早いもので2月に入りました。相変わらずの寒さで、春が待ち遠しいですね。

さて、唐突ですが、皆さんのPCには「(海外からの)迷惑メール」が届きますか?
僕のPCには個人、会社合わせて毎日500通以上は届いている気がします。削除に手間がかかり、文字通り迷惑な毎日です。

ある日、こんな無意味な削除時間でイライラしているのも勿体無い気がして、少しは関心を持って一読するようになりました。

ポジティブな見方をすれば、特に広告系はレイアウトも面白くキャッチフレーズが意外に役立つ学習資料になったりします。英文も短く隙間時間にピッタリで実はあなどれません。

いくつか迷惑メールにあった表現を見てみましょう。

(1) Save up to 85% on ...
(2) Find information on[about] ...
(3) Get a free ... with your paid order! A $70.00 value – free.
(4) Check this out!

上記はほんの一部の例ですが、英文広告を少しチェックするだけで上記のような表現が何度も目に飛び込んできます。この繰り返しは定着効果抜群です。ではポイントを軽く見ておきましょう。

ポイント:
(1) 「…が最大85%の節約になる」
save on ...(…を節約する), up to ...(最大…)

(2) 「…に関する情報をご覧ください」
find ...は「…に気づく、…を発見する」という意味ですが主にビジネス英語では「…をご覧ください、ご確認ください」といった表現で用いられます。

(3) 「商品のご購入で…を無料で進呈!70ドル相当が無料」
前置詞with ...は「…と共に」と「商品購入と同時に(一緒に)」というニュアンスで使われています。 名詞valueは「価値」「値段」の意味です。

(4) 「これをご覧ください!」
check out ...はインフォーマルな響きで「…を見てよ!」といった意味で使われます。


実際に活きた表現が迷惑メール(もはや「迷惑」にあらず?!)には満載です。時間に少し余裕がある際は、ぜひお試しください。


今日もお疲れ様でした~。

Comments


Mr. Evine の中学英文法クイック・チェック

学生から大人まで、初心者が"使える英語"を学べる書籍

「Mr. Evine」シリーズ

アルファベット、中学英文法から始める英語の基礎の基礎。大学入試レベルの英文法、リスニング、スピーキングも学べます。


詳細はこちら