HOME > 日本語・日本語教師 > 新米日本語教師 授業の作り方Q&A > 31. 「聞き方」にはどのような種類がありますか。

Q

「聞き方」にはどのような種類がありますか。

ひと言で「聞く」といっても、聞き方は多種多様です。いろいろな聞き方を紹介します。


■チャンツ
チャンツとは、ことばのフレーズを一定のリズムやビートにのせて表現したものです。リズムに合わせて流れてくることばを聞き、繰り返し唱えることで、楽しく発音やイントネーションを練習することができます。

■シャドーイング
シャドーイングとは聞こえてきた音声のすぐ後に続けて繰り返し発話する方法です。リピートと違うのは、一文ずつオウム返しにするのではなく、音声にくっつく影のように一文が終わるのを待たずに言い始める点です。聞こえたそばから声を出して練習することによって、日本語のまとまりを体感して覚えることができます。

■ディクテーション
ディクテーションとは書き取り練習のことです。流れてきた音声を文字化していきます。ことばを書き取ることで、日本語の文法や語順を身につけられます。

■TPR
TPRとは、音声の指示に従って体で反応しながら言語を習得していく教授法です。教師の指示に従って繰り返し動作をしていくうちに、ことばと動作が結びつき、言語を習得することができます。


いつも同じ聞き方だと単調な授業になってしまいます。目の前の学習者に合わせてさまざまな聞き方に挑戦してみてください。





新米日本語教師 授業の作り方Q&A トップへ  



  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

JSST

アルクオンライン日本語スクール

アルク日本語教育公式Facebookページ