HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語の教え方相談室 > 19 「ませんか」と「ましょうか」の違いは?

回答 水谷信子(明海大学教授)

 19 「ませんか」と「ましょうか」の違いは?

Q
  「ませんか」と「ましょうか」の違いについて教えてください。
 
A
 

 「行きませんか」と「行きましょうか」がどう違うかということは、平生私たちがあまり考えてみる機会のないことで、こういう問題が出てくるのも日本語教育の面白いところだと思います。

 この問題を考えるとき、はじめは形の上から考えると、「ません」は否定で、「ましょう」は意思、推量・未来というふうに分けられると思います。「私がやりましょう」というのは意思を表しています。「ましょう」が推量や未来に使われるのは古い感じで、数十年前には天気予報などで「午後は晴れましょう」というような言い方がありましたが、もう今では「晴れるでしょう」が一般的ですから、「ましょう」は意思を表すといえます。

 用法としては、「ません」も「ましょう」も、どちらも相手に誘いかけるときに使われますが、その違いは何でしょうか。まず「ませんか」ですが、人を誘う時「行きますか」と「行きませんか」では、後のほうが積極的な態度を表すといえます。ぜひ同行したいと思う相手には
  (a)いっしょに行きませんか。
と言うのが普通です。では、この場合、
  (b)いっしょに行きましょうか。
と言うとどんな感じがするでしょう。こちらは自分の意志を述べて、それに対する相手の意向を尋ねるという形になります。ですから、どちらも誘いではありますが、(a)のほうがより積極的だといえるでしょう。ただ、(b)の文末の「か」をとってしまって「行きましょう」とすると、自分の意志あるいは相手と自分の意志を合わせたものを表すことになり、行動が決定的な印象を与える、といえるでしょう。

 
 

日本語の教え方相談室 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

JSST

アルクオンライン日本語スクール

アルク日本語教育公式Facebookページ