Let's go to thailand カウントダウン!

日タイ修好130周年 & NAFL30周年 記念企画

タイと日本をつなぐ
2016年12月13日更新

週末限定のアンパワー水上マーケットで食べ歩き

                   

レトロな街並みでローカルに触れる

バンコク市内から車で1時間半の場所に、週末の金、土、日のみ開かれるアンパワー水上マーケットはあります。趣のある古い家屋が立ち並び、昔ながらのタイの風景を感じられるとして、バンコクの若者たちにも愛されている人気のスポット。観光用に作られたものではなく、アンパワーは生粋の水上マーケットで、2008年に文化遺産保存賞を受賞し、変わらずに昔ながらの姿を保っています。

川沿いにはレトロな雑貨屋さんから、名物のシーフード屋台、カラフルなタイスイーツ、そして近年ではおしゃれなカフェまで、たくさんのお店がぎっしり。ここでは立ち止まって雑貨を見たり、食べ歩きしてみたり……思い思いの時間を過ごせます。

画像

タイ料理屋さんや果物屋さんなどさまざまな船が集まる

画像

船のタイ式コーヒー屋さんでドリンクをオーダー

画像

アンパワー運河に架かる橋の上で

画像

ホタテのチーズ焼き(6個/100バーツ)に挑戦! とろ~りチーズがおいしい

アンパワー水上マーケット

タイならではのカラフルなお菓子・雑貨・生魚などなど……なんでもありのお店に目を奪われ、屋台フードのいい匂いに心奪われながら、地元の人や観光客で大いに賑わっている中をかき分けて歩くのが楽しかったです! シャイだけれど親切なお母さんのボートで買った梅ジュース風?の飲み物の、素朴な美味しさはタイで忘れられない味の一つです。熱気あふれるマーケットで一息つくのにぴったり。癒されました。 初めて来たのに不思議と懐かしい気もしたのは、縁日を思い出したからでしょうか……。ちょっとノスタルジックでポップな雰囲気にワクワクしました。(溝口リポーター)

Amphawa, Samut Songkram
毎週金土日の週末のみ 15:00ごろ~21:00ごろ
アンパワー町役場 +66 34-751-359 (タイ語・英語のみ)

夕方発のホタル鑑賞ボートツアーもあり、夜に浮かぶ無数のホタルが集まったランプ―という木は真夏のクリスマスツリーと称されることもあるのだとか。幻想的な光景に癒されること間違いなしです。(5月~10月がおすすめ)

私が日本代表!海外リポーターです

写真溝口昌代さん
海外旅行が大好きで、時間とお金があればすぐに日本を飛び出してしまいます。旅行先で外国人と交流する機会もよくあるのですが、日本の文化や日本語について聞かれることも多く、もう少し上手に説明できて、日本のことをよく知ってもらえたらいいなと思っていました。そこで、今回リポーターに選んでいただいたことをきっかけに、アルクの通信講座「NAFL日本語教師養成プログラム」(日本語教師を目指す人のための教材)の受講を始めました。
今回の取材で初めてタイを訪れましたが、その熱気とパワーとタイの人々の優しさに魅せられました。日本代表として、バンコクの「今」をお届けします!

アイコンFacebook

アイコンTwitter

記事一覧

画像

NAFLで日本語教師になる!

日本語教師という仕事を知っていますか?
日本語を学ぶ外国人に日本語を教える仕事です。訪日外国人の増加や日本カルチャーの人気の高まりとともに、日本語を学ぶ人が増えており、世界中に日本語学習者が400万人以上いると言われています。そして、日本語学習者の急激な増加により、国内外で日本語教師が不足しています。
アルクでは、日本語教師を目指す方々のための通信講座を開講しています。「日本語教育の知識がゼロ」でも、基礎からしっかり学ぶことができます。
アルクの教材で日本語教師を目指してみませんか?

  • 日本語教育に関する知識がゼロでもOK!
  • 日本語教師に必要な基礎をしっかり学べる!
  • 日本語教師になるのに合格しておきたい試験の対策もできる!
画像

「NAFL
日本語教師養成プログラム」

受講料
101,520円(税込)

詳しくはこちら

タイ国政府観光庁

  • 写真
  • 写真
  • 写真

タイ各都市の最新情報、イベント情報、旅レポートなど、タイの情報が満載です!

もっと詳しく

ページトップへ