HOME > 英会話 > 英語で話そう! イマドキの日本 > 先人の志を引き継いだ日本人メダリストたち

執筆 春日聡子

先人の志を引き継いだ日本人メダリストたち

Japanese Medalists Receive the torch from forerunners

さまざまな競技で、日本人選手の健闘が光ったソチ五輪。スノーボードハーフパイプでは、15歳と18歳という若きメダリストが誕生。長年オリンピックの表彰台から遠ざかっていたジャンプ競技やノルディック複合でも、複数のメダルを獲得。また、フィギュアスケートでも、男子シングル史上初の金メダルに輝くなど、素晴らしい結果を残しました。2020年のオリンピック開催国となる日本にとって、若手選手の育成は大きな課題です。ソチの結果から何を学ぶことができるでしょうか。

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

The Japanese athletes displayed outstanding performances in a variety of disciplines at the Winter Olympic Games held in Sochi, Russia. In the snowboard men's halfpipe, 15-and 18-year-old medalists sprung up. In ski jumping and Nordic combined, where Japan had been denied the podium for many years, multiple medals were won. In figure skating, the Japanese team achieved great results, including a gold medal in the men's single for the first time. As host of the 2020 Olympic games, Japan is placing young talent high on its agenda. What can we learn from the results in Sochi?

Q1

The Japanese figure skating team had several medal contenders in both men's and women's singles. Why is that?

The Japan Skating Federation has been running a now-famous annual summer training camp, dubbed the Nobeyama camp, since 1992. The Federation started the program to train promising young skaters from around the nation. Many Olympic medalists, including Shizuka Arakawa, Mao Asada, Daisuke Takahashi and Yuzuru Hanyu, are among those who attended the camp. In an interview after winning the gold medal, Hanyu said that if it weren't for the forerunners who smoothed the way, he would not have been there.

Q2

How are the youths trained in other disciplines?

The Japanese team once dominated the Nordic combined, but when Akito Watabe won the silver medal, it was the first medal in 20 years. Noriaki Kasai's silver medal in ski jumping was also the first in 16 years. In Japan, the skating disciplines tend to attract more attention, and it is more difficult for the ski disciplines to secure funding. As for snowboard halfpipe silver medalist Ayumu Hirano and bronze medalist Taku Hiraoka, their strong performances could be attributed to the fact that they are already professional snowboarders with sponsor contracts.

Q3

What are the prospects in terms of developing young athletes for the 2020 Tokyo Olympics?

The Japanese Olympic Committee has already set a target of “winning enough gold medals to rank third in the world” for the Tokyo Olympics and is now starting to secure funding. This is in light of the fact that the U.K. injected £264 million worth of funding to the Great Britain team in the four years leading up to the London Olympics. The U.K. succeeded in winning 29 gold medals, ranking third in the world. However, children being inspired by the performances of the athletes could prove to be the most potent device ─ just as Akito Watabe aspired to become a skier ever since he witnessed the Japanese ski jump team win a gold medal at the Nagano Olympics in 1998.

日本語訳

Q1:日本フィギュアスケートチームは、男子、女子シングルの両方で、メダルを狙える選手が複数いました。なぜですか。

A1:日本スケート連盟は、今や有名となった「野辺山合宿」を1992年以来運営してきました。連盟は、日本全国から有望な若いスケート選手を育成するために、このプログラムを始めました。荒川静香さん、浅田真央選手、高橋大輔選手、羽生結弦選手など、多くのオリンピックメダリストがこの合宿に参加しました。金メダル受賞後、羽生選手はインタビューで、先輩たちのおかげで、自分がここにいると思っていると話しました。

Q2:他の競技では、若手育成はどのように行われているの。

A2:日本人がノルディック複合で、圧倒的な強さを誇った時期もありましたが、今回渡部暁斗選手が銀メダルを取るまで、20年間メダルから遠ざかっていました。葛西紀明選手のジャンプ競技における銀メダルも、16年ぶりのメダルでした。その背景には、日本ではスケート競技に注目が集まることが多く、スキー競技のほうが、予算が確保しにくいという事実があります。スノーボード、ハーフパイプの銀メダリスト平野歩夢選手と、銅メダリスト平岡卓選手に関しては、すでにスポンサー契約を結んでいるプロ選手であることも、好成績を収めた一因かもしれません。

Q3:2020年の東京オリンピックに向けて、若手選手育成はどのような見通しなの?

A3:日本オリンピック委員会(JOC)はすでに、東京オリンピックで「金メダル数で世界3位以内」という目標を掲げ、強化費の確保に動き出しました。これは、イギリスが、ロンドンオリンピックまでの4年間に2億6400万ポンドの強化費を投入したことで、世界3番目の29個の金メダル獲得に結びついたという実績を受けてのことです。*1 ただ、実際の金額以上に大事なのは、選手たちの活躍を見た子どもたちが、憧れを抱くことかもしれません。1998年の長野オリンピックの会場で、日本チームがジャンプ団体金メダルを獲得するのを見て、スキーを始めたという、渡部暁斗選手のように。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録