HOME > 英会話 > 英語で話そう! イマドキの日本 > 号泣議員と日本の謝罪会見

執筆 春日聡子

号泣議員と日本の謝罪会見

The Crying Politician and Japanese Apologies

日本では、公人が不祥事について謝罪会見を開くのは、珍しい光景ではありません。でも、ある地方議員が公的資金の私的流用疑惑についての釈明会見を行ったところ、その映像は瞬く間に拡散しました。大人の男性が、子どものように泣き叫ぶ姿に、国内外の人があっけに取られたのです。2014年前半だけでも、すでに多くの謝罪会見が開かれています。こうした会見は、日本独特なものなのでしょうか。

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

In Japan, it is not unusual for public figures to hold press conferences to apologize for misconducts. However, when a provincial Japanese politician held a conference to clarify suspicions over the misuse of state funds, the footage went viral. People around the world were flabbergasted by the image of a grown man bawling like an infant. Many press conferences for the purpose of apologizing to the public have already taken place in the first half of 2014. Are these press conferences unique to Japan?

Q1

What did the crying politician do?

The Hyogo Prefectural Assembly had been investigating a member of the assembly, Ryutaro Nonomura, for suspicious use of public money. Nonomura claims to have made over 190 improbable day trips in a year, spending 3 million yen on travel costs. As the press conference progressed, Nonomura started to wail and scream incoherently. Nonomura has since resigned, and three groups of citizens' ombudsmen have reportedly pressed charges against Nonomura.

Q2

Is it so unusual for public figures to cry at press conferences?

When public figures or corporate executives apologize, they usually show restraint. They express their "deepest apologies for causing a disturbance to the public," and then give a long, low bow. Contrary to popular belief that the Japanese people do not view crying as a sign of weakness, the media can be cynical when leaders do break down and cry. While shedding a tear or two is not condemned, depending on the situation, it seems that the Japanese people prefer leaders to exercise self-control.

Q3

Is holding a press conference to apologize uniquely Japanese?

The image of several executives bowing in unison may seem distinctly Japanese. However, prominent Western figures have held news conferences to apologize for scandals or accidents. The teary-eyed Tiger Woods once made a public apology regarding his marital dispute. Brazil manager Luiz Felipe Scolari apologized to the fans for failing to lead the squad to the World Cup Final and took responsibility for the disastrous 7-1 loss to Germany in the semifinal match. If there is a universal truth in the art of apologizing, sincerity is the key; public bawling is never acceptable.

日本語訳

Q1:号泣議員は何をしたの?

A1:兵庫県議会は、野々村竜太郎議員を、公費の私的流用疑惑で調査していました。野々村氏は1年間で190回以上という、実現が疑わしい日帰り出張を行ったと主張しており、300万円に上る交通費が支出されていました。会見が進むにつれ、野々村氏は声を上げて泣き始め、支離滅裂な叫び声を上げるようになりました。野々村氏はすでに辞職しており、3つの市民オンブズマン団体が、野々村氏を刑事告発したと伝えられています。

Q2:公人が会見の場で泣くのは、そんなに珍しいことなの?

A2:公人や企業の重役が謝罪をするとき、大抵は自制を示します。「世間をお騒がせして深くお詫び」をし、それから深々とおじぎをします。日本人は涙を弱さの表れとして見ない、と信じられることが多いですが、実際に指導者が泣き崩れると、メディアも冷ややかな論調になることがあります。状況によっては、涙をにじませたぐらいで断罪されることはありませんが、日本人も指導者には自制心を示してほしいと考えているのではないでしょうか。

Q3:謝罪会見を開くのは、日本独自のものなの?

A3:複数の役員が、揃ってお辞儀をする光景は、極めて日本的なものに思えるかもしれません。でも、著名な西洋人も、スキャンダルや事故について謝罪するために、会見を開いています。目に涙をためたタイガー・ウッズ氏はかつて、婚姻関係のもつれにまつわる騒動について、公的に謝罪をしました。ブラジルのルイス・フェリペ・スコラリ監督は、代表チームをワールドカップの決勝戦に導くことができなかったことについて謝罪をし、準決勝戦でドイツ相手に7対1という悲惨な負け方について、責任を負うと言いました。もしも謝罪のやり方について、普遍の真理があるとすれば、カギとなるのは、誠実さだということでしょう。公的な場で泣き叫ぶことは、決して受け入れられるものではありません。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録