HOME > 英会話 > 英語で話そう! イマドキの日本 > 渋谷区、同性パートナーシップを認める証明書を発行へ

執筆 春日聡子

渋谷区、同性パートナーシップを認める証明書を発行へ

Shibuya Ward to offer same-sex partner certificates

東京都渋谷区が、男女平等及び多様性を推進する取り組みの一環として、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行する条例案を発表しました。条例案は、3月に開催される区議会に提出され、可決される見通しです。成立すれば、渋谷区は全国で初めて、同性同士をパートナーとして認定する自治体となります。他の自治体も、同様の証明書発行を検討するなど、国内外で大きな反響を読んでいます。

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

As part of an initiative to advance gender equality and diversity, Tokyo's Shibuya Ward unveiled its plans to issue partnership certificates for same-sex couples that recognize their relationships as "equivalent to marriage." The ordinance will be proposed to the ward assembly in March, and it is expected to pass. Once enacted, Shibuya will be the first municipality in Japan to recognize same-sex couples as partners. The move has created a strong response from the public, and it has prompted other municipalities to consider taking similar initiatives.

Q1

How did the initiative come about?

On February 12, Shibuya Ward announced its plans to draft an ordinance to issue "partnership certificates" to same-sex couples. Shibuya Mayor Toshitake Kuwahara explained that it was part of Shibuya's efforts to promote respect toward those regarded as sexual minorities. Shibuya's move is in response to the voices of same-sex couples who have faced difficulties such as finding it hard to rent apartments or being stopped from visiting their partners at hospitals because they are not considered to be legitimate family members.

Q2

Would the certificates be legally binding?

No, they would be more symbolic than practical. The certificates would not be recognized by the Japanese government, but Shibuya Ward officials say that they would call on residents, local businesses, landlords and hospitals to recognize the certificates and honor the wishes of the couples. Even so, there would still be a gap between legal marriage and "certified" same-sex partnership; same-sex couples would not be eligible for such privileges as preferential tax treatments, for example.

Q3

Will same-sex marriage be legal in Japan in the near future?

When asked about his opinion on same-sex marriage during the Upper House plenary session, Prime Minister Shinzo Abe said that the current constitution "does not envision same-sex marriage." Current law recognizes marriage as only between a man and a woman. Meanwhile, some legal scholars argue that there is no need to revise the constitution to recognize same-sex marriage. The debate has only just begun, but one thing is for certain: Shibuya's initiative has sparked a much-needed debate on an important topic.

日本語訳

Q1:この構想は、どういうきっかけで出て来たの?

A1:2月12日、渋谷区は同性同士のカップルに、「パートナーシップ証明」を発行する条例案を起草すると発表しました。桑原敏武渋谷区町は、今回の動きを、性の少数派と見なされる人々への尊重を推進する、渋谷区の努力の一環と説明しました。区は、同性カップルがアパートを借りるのが難しかったり、正式な家族じゃないとして、病院での面会を阻まれたりするなどの声が、今回の動きにつながったとしています。

Q2:法的な拘束力はあるの?

A2:いえ、現時点では実用的というより、象徴的な意味合いが強いです。証明書は日本政府に認められはしませんが、渋谷区職員は、区民や事業者、大家や病院に、証明書を認め、同性カップルの意向を尊重するよう求める以降です。それでも、証明書は法的な結婚と、“証明された”同性パートナーシップのギャップを埋めるものではありません。同性カップルは、例えば、税制面での優遇措置などの恩恵を受けることができません。

Q3:同性婚は、今後日本で法的に認められることになるのでしょうか。

A3:安倍首相は、参院本会議で同性婚について聞かれた際、現行憲法の下では、「同性カップルの婚姻の成立を認めることは想定されていない」と答えました現在の法律は、男性と女性の婚姻関係のみ認めています。一方、法学者の間には、同性婚を認めるために、法改正は必要ないという見解もあります。議論は始まったばかりですが、ひとつ確実なのは、渋谷区の動きは、重要な課題について必要な議論の、発端となったということです。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録