HOME > 英会話 > 英語で説明できますか? 日本のキホン > 変わりゆく日本の気候!(2)

執筆 上野陽子
2013/8 Up

第48回 変わりゆく日本の気候(2)
Vol.48 The Changing Climate in Japan, Part 2

Question
What's the definition of a typhoon*?
(台風ってどんなもの?)

近年だいぶ様相を変えてきた日本の気候には、地球温暖化の影響も大きいようです。暑いばかりでなくて、雨が増えたり、実は雪が増えたりする地域も出てきたりするとか……。前回の猛暑日や熱帯夜の定義に引き続き、今回は将来の日本の気候予測を見てみましょう!

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

北海道の気温が4度上昇する!?
The temperature in Hokkaido will be 4℃ higher!?

According to countless scientific reports, the Japanese climate is being increasingly affected by the effects of global warming. If people keep emitting greenhouse gases*, such as carbon dioxide, at the current rate, in 100 years the temperature in Japan will become two to three degrees Celsius higher on average than it is now. Furthermore, those temperatures will rise more quickly at the higher latitudes; so it'll be 4 higher on average than it is now in some parts of Hokkaido.

いろんな研究結果から、日本の気候は地球温暖化の影響を強く受けて変わってきていることがわかります。今後も現在の割合で二酸化炭素などの温室効果ガスを多く排出し続けると、100年後の日本の気温は現在よりも2~3度高くなるそうです。しかも、高緯度ほど上昇率も大きいために、北海道では4度も上昇するところがみられるとのことでした。

雨が増えて、雪も増える!?
More rain and snow!?

Furthermore, the report claims the amount of water vapor in the air will increase as an effect of climate change. It forecasts that the volume of rainfall will be greater than it has been throughout Japan. This volume of rainfall includes not only rain, but also snow. The temperature rise will cause more rain than snow in areas south of Tohoku. On the other hand, more northerly areas, such as Hokkaido, will still be cold enough to have snow even when we see the effects of global warming, so the amount of snow there will increase.

さらには、地球温暖化によって大気に含まれる水蒸気の量が増えるために、日本全国で年降水量が増えると見られていますが、降水量というのは、雨ばかりではなくて、雪も含みます。そこで、気温上昇に伴って東北以南では雨が増えて雪が減るようになり、逆に温暖化が進んでも依然として気温が低い北海道など北の地域では、雪の量が増えることになるのです。

台風がさらに強くなる?
Will typhoons be stronger than they are now?

We have seen many hurricanes in the North Atlantic region recently and they have been increasing in number since the 1970s. The report doesn't predict any change in the overall number of typhoons (tropical cyclones with wind speeds over 17.2 meters per second, in the northwest Pacific). In fact, the number of strong cyclones with wind speeds over 45 meters per second are expected to increase and the rain in tropical cyclones is expected to be heavier.

In short, it concludes that the temperature will be higher, the volume of rain will increase and the rain and typhoons will be more intense; these will be features of the weather in Japan in the near future.

最近、アメリカほか北大西洋では海水温度の上昇にともなって、1970年ごろからハリケーンが増えていますが、台風(最大風速が秒速17.2メートル以上の北西太平洋の熱帯低気圧)が発生する数には、特に変化は見られないようです。ところが、実は最大風速が秒速45メートルを超えるような非常に強い熱帯低気圧の数は増えて、熱帯低気圧に伴う雨は強くなるだろうとされています。

つまり、温度が上がり、降水量が増えて、台風や雨がより強くなる……というのがこれからの日本の気候の特徴となりそうです。

これからの日本の気候の傾向には、なんだか楽しいことが少なさそうに見えますが……。でも、日本にはまだ美しい四季があります。私たちが自然と生きるためにできるのは、CO2の排出量を減らすことかもしれませんね。

Answer
A typhoon is a tropical cyclone in the northwest Pacific with wind speeds over 17.2 meters per second.
台風とは、最大風速が秒速17.2メートル以上の北西太平洋の熱帯低気圧のこと。

[参考資料] 気象庁 地球温暖化の原因/日本の気候変化の予測 /台風の将来予測

* typhoon:日本の台風は風速などから本来英語ではtropical stormに分類され、最大風速が秒速33メートル以上のtyphoonとは異なります。表記の紛らわしさを回避するために、ここではtyphoonとさせていただきます。
* greenhouse gas :大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称。
* A gas in the atmosphere that absorbs and emits radiation within the thermal infrared range.

日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録