HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 現在完了形と現在完了進行形の意味合いの違いを教えてください。

執筆 石原真弓

現在完了形と現在完了進行形の意味合いの違いを教えてください。

現在完了形と現在完了進行形の意味合いの違いを教えてください。例えば、I've worked here for five years.とI've been working here for five years.などはどう違うのでしょうか。
(宮崎県 ヨッシーさん)

場合によって、違ったり、あまり違わなかったりします

現在完了形(I've+過去分詞.)と現在完了進行形(I've been -ing.)は、動詞の種類や一緒に用いる語句(回数を表す語句など)によって、どちらも大して違わなかったり、どちらか一方が好まれたりするため、ひと言では説明しきれません。よって、ここでは、具体的な例を挙げて回答していくことにします。
 「継続」を表す場合、状態を表す動詞(knowやbelieveなど)は現在完了形を用います。動作を表す動詞(talkやstudyなど)は現在完了進行形を用いるのが一般的です。work(勤務する)やlive(住む)などの日常的・習慣的なことには、どちらも使われます。つまり、I've worked here for five years.とI've been working here for five years.はいずれもOKです。ただし、前者は「5年間勤め上げた」、後者は「ここに勤めて5年になる(継続中)」というニュアンスが強いと考えるネイティブもいます。よって、継続の意味を強く表したいときは現在完了進行形を用いるのが賢明ですね。
 繰り返し行われている動作も同様に、現在完了形、現在完了進行形のいずれもOKです。例えば、「1日中彼に電話をかけている」は、I've called him all day.とI've been calling him all day.の両方が可能です。が、前者は「もうかけるのをやめた」、後者は「まだかけ続けている」というニュアンスで解釈されることもあります。I've called him six times so far.(これまで彼に6回電話をかけた)のように、具体的な数を用いる場合は、現在完了形にします。
 変化しつつある状況については、現在完了進行形を使います。例えば、The population of the city has been increasing.(その市の人口は増え続けています)などと言えます。

前回の質問は……

How are you?とHow are you doing?はどう違う?


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録