HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 動名詞の前につくnotの使い方を教えて

執筆 石原真弓

動名詞の前につくnotの使い方を教えて

私の好きなThe OffspringというバンドのAll I Wantという歌の中に、Cause I'm sick of not living to stay aliveという歌詞があります。「ただ生きるための生活は嫌になった」という意味らしいのですが、この位置にくるnotの使い方がよくわかりません。会話でもこのようなnotの使い方をするのでしょうか。
(東京都・S・Tさん)

会話でもよく登場し、「~ではないこと」という意味になります

私たちが日ごろ目にするnotは、I'm not~やI don't(=do not)~などのように動詞を否定することが多いため、I'm sick of not living~に見られるnotの位置に違和感があるかもしれません。ですが、このようなnotは会話でもよく登場します。
 Cause I'm sick of not living to stay aliveを理解しやすくするために、前から少しずつ訳していくことにしましょう。まず、CauseはBecause(~だから)のことです。発音したときにBeの部分が聞こえにくくなることから、単にCause(正しくは、'Cause)と書くことがあります。I'm sick of~は「~にはうんざりだ」という意味で、~には「うんざりしているもの、こと」が続きます。ここではnot living to stay aliveとなっていますが、not livingは「生きて(生活して)いるのではないこと」、to stay aliveは「イキイキとした状態を保つために」が直訳です。これでこの部分は「イキイキとした生活を送っているのではないこと」となり、全体では「活力のない生活にはうんざりだから」「ただ生きるための生活は嫌になったので」といった意味になるのです。
 このように、notは名詞句(動名詞やto不定詞を含む)の前につけて、「~ではないこと」という意味を表すことがよくあります。例えば、I decided not to go.は「行かないことに決めた」という意味ですが、I didn't decide to go.とすると「行くことには決めなかった」となります。notの位置によって全体の意味が異なるので注意しましょう。

前回の質問は……

援助を求めたり、「お願いがあるのですが」と言いたいときに使える表現は?


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録